皆さん、今年最後の週末をいかがお過ごしですか? 多くの方が「静かな年末・年始」を実行されていることと思います。   そこで、ご自宅で映画を観て過ごす方も多いのでは?   今日は邦画のお話です。 先日、 […]
" />

Lの発音トレーニング:「モスラ対ゴジラ」

英語 発音 練習 アプリ 発音記号 矯正

皆さん、今年最後の週末をいかがお過ごしですか?

多くの方が「静かな年末・年始」を実行されていることと思います。

 

そこで、ご自宅で映画を観て過ごす方も多いのでは?

 

今日は邦画のお話です。

先日、NHKで「モスラ対ゴジラ」を放送していました。

私が小さいころ、最初には映画館で見た記憶があります。

 

数十年後に見て、覚えていたのはザ・ピーナッツの「モスラの歌」でした。

実は先日、NHKのいわゆる朝ドラ「エール」の最終日でしたが、

番組の主人公であった「古関裕而(こせきゆうじ)」さんが作曲した曲を

番組キャストが歌う、というミニコンサートがありました。

 

その中の一つに「モスラの歌」があり、この曲も彼の作品なのだと

驚いた次第です。

 

その時に歌ったのが、小南佑子さん。

余談ですが、東京音楽大学を出ておられるだけあって、素晴らしいお声。

しかし、記憶の中の映画の「モスラの歌」と比べて、Lの発音がちょっと違うところが

あるような気がしたのです。

 

そして、数週間後に「ザ・ピーナッツ」による「モスラの歌」を聞いたときに

謎が解けたのでした。

 

参考までに歌詞をほんの少しご紹介します。

 

モスラヤ モスラ
ドゥンガン カサクヤン
インドゥムウ

気になったのが1行目の「モスラヤ モスラ」のところです。

「モスラーヤッ」と実際には歌われるのですが、

NHKのミニコンサートの時には「モスラ」の「ラ」の発音が

普通の日本語の「ラ」の発音だったのに対して、

映画のザ・ピーナッツの歌では、英語の[l](エル)の発音に

なっていたのです!

 

一般的に、英語のエルは日本語の「らりるれろ」と同じだと 思っておられる方も多いのですが、本当は違うのです。 Click To Tweet

 

「とらとら」と日本語で早口で言うと、「と」よりも「ら」のほうが

舌先の場所が少しだけ後ろに口の天井につきますね。

 

英語では、Lの発音をするときには、「と」と同じように

上の歯茎につくのです。

 

そうすると、英語特有のエルらしい、ちょっとした粘りが出る、

というか、少し長めに発音することにもなり、

とにかく、ステキなエルになるのです。

 

ということで、英語の歌を歌う時にも役に立つ知識なので、

ぜひ覚えておいてくださいね。