有料の英語アプリで英語を勉強するメリットは?無料アプリとの違いと選び方のポイント

folder_open語学学習の基本
英語の有料アプリ

「英語アプリを使って英語を勉強したいけれど、無料と有料のアプリどっちが良いの?」そう悩んでいませんか?最近では、高品質の無料アプリが増えていることもあり、どのようにしてアプリを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

有料アプリが無料アプリより優れていると一概には言えないものの、有料アプリならではのメリットもたくさん存在します。そこで今回は、無料の英語アプリと有料の英語アプリの違いと有料の英語アプリのメリット・選び方について紹介します。

有料の英語アプリと無料の英語アプリの違い

有料の英語アプリと無料の英語アプリの違い

英語学習アプリは、大まかに「有料アプリ」と「無料アプリ」に分類することができます。有料アプリと無料アプリの主な違いは、アプリの提供元やサービス形態、コンテンツの充実度、広告表示の有無などさまざまです。

一般的に、有料アプリは無料アプリと比較して、学習コンテンツや英語学習に役立つ機能が充実していたり、広告表示がなく快適に学習できたりすることが特徴です。ただし、無料アプリの中には、BBCやブリティッシュ・カウンシルが提供する英語学習アプリなど、質が高いものもたくさん存在します。

そのため、一概に「有料アプリ>無料アプリ」と言い切ることはできません。有料アプリのメリットを把握した上で、自分の英語レベルや目的に合ったアプリ、自分が楽しく効果的に英語力を伸ばせるアプリを選ぶことが大切です。

有料の英語アプリを使って英語を学ぶメリット

有料の英語アプリを使って英語を学ぶメリット

続いて、有料の英語アプリを使って英語を学ぶメリットについて紹介します。

広告表示がなく、快適に学習できる

有料の英語アプリを使うメリットの一つ目は、より快適に英語学習に取り組めることです。

無料アプリの多くは、アプリ内に広告を表示することで収益を得る代わりに、学習サービスやコンテンツを無償で提供しています。そのため、無料アプリを使っていると、英単語学習中に広告が表示されたり、問題を1問解くたびに動画広告が流れたりすることがあります。

一方、有料アプリの場合は一定の料金を支払って利用するため、学習中に広告が表示されることはありません。広告に邪魔されることがないぶん、効果的に日々の学習を進められます。

学習コンテンツを制限なく使える

アプリ内の学習コンテンツを制限なく使えることも、有料アプリを利用するメリットの一つです。

無料アプリの場合、無料で学習できるコンテンツが限られていたり、辞書機能や単語帳作成機能などといった便利な機能にロックがかかっていたりすることが珍しくありません。せっかくアプリをインストールしても、学習したい教材や使いたい機能にアクセスできなければ学習効率が落ちるだけでなく、モチベーションも低下してしまうでしょう。

「英語アプリをフル活用したい」「英語アプリは使いやすさを重視して選びたい」などという方には、有料アプリで英語を学ぶことをおすすめします。

学習を継続しやすい

有料アプリで英語を学ぶことには、学習を継続しやすくなるというメリットがあります。というのも、人間はサービスや物にお金を支払うと、その対価を得ようと行動する傾向があるからです。

無料アプリも多く存在する中、有料の英語アプリを購入したら「せっかくお金を支払ったから……」と頑張れそうな気がしませんか?

もちろん、無料アプリでも継続できる人はしっかり継続できます。しかし、無料の英語アプリで挫折した経験があるのなら、有料の英語アプリを選ぶことで、より効果的に英語力を伸ばせるようになるかもしれません。

有料の英語アプリの選び方のポイント

有料の英語アプリの選び方のポイント

では、数ある有料の英語アプリの中からどうやって自分に合った有益なアプリを選べば良いのでしょうか?ここでは、有料の英語アプリ選びで失敗しないために押さえておきたいポイントを紹介します。

買い切り型かサブスクリプション型か

まず、有料アプリを選ぶ際は、「買い切り型」なのか「サブスクリプション型」なのか確認しましょう。

  • 買い切り型:アプリのインストール時に料金を支払う(基本的にアプリ内課金はなし)
  • サブスクリプション型:毎月一定の料金を支払う

英語辞書アプリや英文法参考書のアプリ版などの英語教材は「買い切り型」、スピーキング練習アプリやオンライン学習サービスなどは「サブスクリプション型」で販売されていることが一般的です。

買い切り型は、初回購入時の金額はやや高めであるものの維持費はかかりません。一方、サブスクリプション型は、毎月一定の金額を支払うため、高質なシステムやサービスであっても費用を抑えて利用を開始できるというメリットがあります。

アプリの提供元が信頼できるかどうか

2つ目のポイントは、アプリを提供している法人や組織が信頼できるかどうかです。

数ある英語アプリの中には、どこの誰が制作したのかわからないアプリもあります。そのような提供元不明のアプリだと、広告の表示がやたらと多かったり、誤った情報が掲載されていたりして、効果的に学習ができません。

有料の英語アプリをインストールする際は、「英語教育に定評がある会社が提供しているか」「英語に特化した組織が作成しているか」など、アプリの提供元を必ず確認しましょう。

お金を支払う価値があるか

有料アプリを購入するにあたっては、「お金を支払う価値があるか」をしっかり見極め、料金に納得した上で利用を開始しましょう。というのも、上でお伝えしたとおり「有料アプリ>無料アプリ」と一概に言えるわけではなく、「有料アプリだから何となく……」という理由で選んでしまうと、思うような学習効果が得られないことがあるからです。

料金に見合ったサービスかどうかをしっかりと確認しておくと、アプリ選びにおける失敗を減らせます。

無料体験できるか

有料アプリの場合、アプリストアで主要機能やコンテンツを確認できても、実際の使い心地や自分との相性などまではチェックすることができません。そこでおすすめなのが、無料体験期間を設けている有料アプリを選ぶことです。

無料体験を提供しているアプリなら、お金を支払う前にアプリの使用感や自分のレベル・学習目的に合っているかどうかなどを確認できるため安心です。使ってみたい有料の英語アプリがある場合は、無料体験を積極的に利用しましょう。

自分のレベル・学習目的に合っているか

有料アプリに限ったことではありませんが、英語アプリを選ぶ際は自分の英語レベルと学習目的に対応しているかどうか確認しておくことが大切です。

一口に英語アプリと言っても、初心者向けのものから上級者向けのものまでレベル感はアプリによってさまざまです。また、日常英会話を学べるアプリもあれば、ビジネス英語や英語試験対策に特化したアプリもあります。

以下では、「日常英会話向け」と「ビジネス英語向け」の目的に分けて、おすすめの有料英語アプリを紹介します。学習を継続して成果をあげるため、自分の英語レベルと学習目的に合ったアプリを選べるようぜひ参考にしてみてください。

日常英会話の学習におすすめの有料英語アプリ

ここからは、実際におすすめの有料英語アプリを紹介します。まずは、日常英会話を学びたい人に最適なアプリを4つ紹介しましょう。

プロンテストシリーズ 発音特訓パック

プロンテストシリーズ 発音特訓パック

プロンテストシリーズ 発音特訓パック』は、当社プロンテストが提供するスピーキング練習アプリです。

本アプリでは、「ネイティブに話しかけても聞き返されてしまう……」「発音が気になって英語を喋れない」などのお悩みを解決すべく、簡単な日常会話フレーズを用いたスピーキング練習に取り組むことができます。

また、スピーキング練習を行いながら、発音判定機能であなたの発音を判定し、「どこをどう直すべきか」といった具体的な指導も行います。『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』は、正しい発音を身につけたい方におすすめのアプリです。

本アプリは、月々1,320円から利用できます。無料お試しすることもできますので、少しでも気になった方は以下の公式ホームページより詳細をご確認ください。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,200円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,320円(税込)
  • 12ヶ月プラン:月額880円(税込)

公式サイト

App Store

Rosetta Stone

Rosetta Stone

『Rosetta Stone』は、世界500万人以上が利用している外国語学習アプリです。日本語を一切使わないダイナミック・イマージョンメソッドで、英語を英語のまま学べるのが特徴です。

本アプリでは、発音や語彙、文法、リスニング、会話などのトレーニングで英語4技能をバランス良く鍛えられます。アプリの難易度は日常会話レベルとなっており、レベル1は「こんにちは」「男の子」などの基本的な単語から始まるため、超初心者〜初心の方におすすめです。

料金

  • 12ヶ月のサービス利用権:11,600円(税込)〜

公式サイト

FluentU

FluentU

『FluentU』は、動画を使って楽しく語学学習ができるアプリです。英語の動画コンテンツを通して語彙力や文脈力を鍛えたり、小テストで動画の理解度をチェックしたりすることができます。

日常会話はもちろん、ニュースや映画の予告編などさまざまな動画コンテンツを収録しています。自分の英語レベルや興味に合った動画を活用し、楽しく英語を学べるのが本アプリの魅力です。「動画で楽しくリスニング学習をしたい!」という方におすすめです。

料金

  • 月額3,400円+外国取引手数料(1〜3%)

公式サイト

English Grammar in Use

English Grammar in Use

『English Grammar in Use』は、ケンブリッジ大学出版が提供する世界的ベストセラー英文法書のアプリ版です。テキスト版と同じく145ユニットを収録しており、中級者向けレベルとなっています。

また、実践的なエクササイズも数多く収録しているため、英文法の知識だけでなく実践的な英語力も鍛えることが可能です。App Storeでは全ユニットを2,080円で一括購入、そしてGoogle Playでは希望のユニットのみを選んで購入することができます。

料金

  • 2,080円(税込)

公式サイト

ビジネス英語の学習におすすめの有料英語アプリ

続いて、ビジネス英語の学習に役立つおすすめの有料英語アプリを3つ紹介します。

プロンテストシリーズ プロンテスト・コール

プロンテスト・コール

プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』は、当社プロンテストが提供するビジネスマン・留学生向けスピーキング練習アプリです。自身や自分の家族を紹介する会話練習を通して、ビジネスシーンに通じる「信頼を得られる英語」を発音から身につけます。

前置詞や人称代名詞を徹底的に練習しつつ、発音判定機能で正しい発音を学ぶことで、正確かつ知的な英語を話せるようになります。「英語はある程度話せるけど、今ひとつ信頼してもらえない……」「自分のバックグラウンドや将来のことについて語れない……」などといったビジネスマンにおすすめです。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,750円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,650円(税込)
  • 12ヶ月プラン:月額1,100円(税込)

公式サイト

The Economist

The Economist

『The Economist』は、イギリスのエコノミスト・グループが発行するニュース週刊誌です。アプリ版では、購読プランを購入することでThe Economistの雑誌記事を読んだり、辞書機能を活用して英語学習に役立てたりできます。

世界各国の知識人層をターゲットに発行されている雑誌ということもあり、英文や語彙の難易度はかなり高めです。そのため、英検やIELTS対策やビジネス英語の向上に役立つ読み物を探している英語上級者におすすめします。

料金

  • 3ヶ月購読プラン:$55.99
  • 1年購読プラン:$189.99

公式サイト

Grammarly

grammarly

『Grammarly』は、英語の文章の文法や誤字脱字をチェックしてくれる添削サービスです。無料版と有料版が提供されており、有料版では自分が書いた英文をより正確で自然かつ伝わりやすい文章に添削することができます。

ビジネスシーンで英語の文章を書くことが多い人や、IELTSやTOEFLなどのライティングテストに向けて英作文を書く練習をしている人であれば、Grammarlyはかなり重宝するツールです。

料金

  • 月額$12.00〜

公式サイト

有料英語アプリを使って英語を学ぶポイント

次に、有料英語アプリを使って英語を学ぶポイントについてお伝えします。

まずは発音学習で基礎を身につける

英語アプリを使って英語学習を始めるにあたって、まずは発音学習で基礎を身につけることがとても大切です。というのも、発音は英語学習の「土台」に該当し、発音の知識がない状態では、リスニング学習やスピーキング学習などに取り組んでも英語力が伸び悩んでしまうからです。

初期段階で発音を学び、正しい英語の音とその作り方をマスターすることで、英語のリスニング力はもちろんスピーキング力も効果的に伸ばせるようになります。当社が提供する「プロンテストシリーズ 発音特訓パック」「プロンテストシリーズ プロンテスト・コール」など、発音学習に特化したアプリを活用して、まずは発音をマスターするところから始めましょう。

無料アプリと並行して活用する

本記事では、おすすめの英語アプリを有料のものに絞って紹介していますが、中には高質な無料アプリも数多く出回っています。中でも、BBCやブリティッシュ・カウンシルなど、英語学習に力を入れている組織が提供するアプリは、無料で高質な英語に触れられるものが多いです。

辞書アプリや英文法アプリなどは、英語学習者ならスマホにインストールしておいて損はありません。有料アプリで本格的に英語を学びつつ、有益な無料アプリも並行して活用していきましょう。

話す練習を疎かにしない

英語アプリは独学の強い味方ですが、単語学習やリスニング学習などインプットに特化したものが多いため、意識していないとついアウトプット量(=話量)が不足してしまいがちです。

アウトプット量が不足している状態では、学んだ知識が「使える知識」として定着しないため、いつまで経っても英語を流暢に話せるようにはなりません。そのため、英語アプリを使うのであれば、スピーキング練習アプリなどアウトプット学習に取り組めるアプリも積極的に活用していきましょう。

当社提供の「プロンテストシリーズ 発音特訓パック」「プロンテストシリーズ プロンテスト・コール」では、日常会話フレーズを用いた会話練習に取り組むことができます。インプットとアウトプットのバランスを意識して、効果的に英語力の向上を目指しましょう。

まとめ

今回は、有料英語アプリのメリットや選ぶポイントと、実際におすすめする有料英語アプリを紹介しました。

有料の英語アプリは、広告に邪魔されることなく、豊富な学習コンテンツと便利機能を活用して効果的に英語を学べるという点において優れています。英語アプリを利用する際は、ぜひ有料アプリも視野に入れて自分に合ったアプリを見つけましょう。

当社プロンテストは、英語の「通じる発音」を習得できるスピーキング練習アプリを提供しています。発音は英語学習の土台に該当するとても大切な学習分野です。そのため、「何から手をつけたら良いのかわからない」「英語力が伸び悩んでいる」などといった方は、ぜひ「プロンテストシリーズ 発音特訓パック」「プロンテストシリーズ プロンテスト・コール」をお試しください。

関連記事

ブログ・更新情報

メニュー