【残席わずか!】<オンラインセミナー>『発音クリニック』 2日間コース!(7月16日&7月23日)

英会話であなたの夢を叶えるアプリ
PRONTEST CALL

「自分で英語学習をしたい」
「海外留学・仕事などで海外に行く」
「本気で英語が喋れるようになりたい」

そんなあなたのための英語学習アプリ

その英会話スクールでほんとに大丈夫?

もしもあなたが英会話スクールに通っているのであれば、
その講師があなたに英語を身に着けさせることができるか、
下記のチェックリストでかんたんに診断できます。

  • 英会話スクールであなたはどのくらい英会話の練習ができていますか?
  • 本当に通じる英語を身につけるためにあなたに必要な練習をはじめに教えてくれていますか?
  • スクールでの学習を定着させるために、あなたにどのような課題を与えていますか?
  • 英語だけではなく、複数の言語の発音の仕組みをどの程度理解しているでしょうか?
  • あなたが教えてもらっている先生はどの程度の知識と技術がありますか?
  • 「音声学」の勉強はどの程度しているでしょうか?

プロンテストコールでの練習は最高の講師につきっきりで英語を教えてもらえたらというコンセプトのカリキュラムです。

英語学習の新しいカタチ。
完璧な英語発音アプリ。

あなたの発音を分析し、世界でも最も正確に「日本人の英語発音」を指導します。

高性能・多機能な最先端の英語学習アプリ

英文法や表現を身につけるためには、徹底した反復練習が必要です。

英会話の殆どは中学レベルの英文法や表現がしっかり身についていれば、すらすらと会話することができます。

ですが、その中学レベルの英文法や表現を身につけるための練習は、すべての英会話スクールの先生ができるわけではありませんし、あなたはそれをご自身で何度も反復練習する必要があります。

加えて、それらの練習したとしても、あなたの英会話が通じるかどうかは、あなたの「発音」に左右されます。

英語と音響分析技術の融合で
英語学習に革命を。

プロンテストコールを含むプロンテストシリーズのカリキュラムでは、大学の英米文学科で教わる、発音の専門科目である「調音音声学」と、国の研究機関である「国立研究開発法人産業技術総合研究所の音響分析技術」による融合で、あなたの発音を分析し、世界でも最も正確に「日本人の英語発音」を指導します。

あなたもこのアプリで、あなたの発音に対して、どうしたらネイティブスピーカーに通じる発音になるかまるで、専属のコーチがいるかのように練習することができます。

また、プロンテストコールでは、会話内容に中学生から高校生レベルの英文法を自然におりこんで、何度も何度も反復してスピーキング練習できるカリキュラムにしています。

このカリキュラムを20レッスン反復練習することで、英語が自然と口をついて出てくるまでに、英会話を身につけることができます。

独学では難しい正しい発音。
アプリでかんたんに発音を学ぶ

私も昔から洋楽が好きで、家においてあったビートルズのCDをラジカセに録音して聞いていました。

最初に聞いたのは小学生の頃で、英語にふれる前だったので、ラジカセから流れる歌詞を無理やりカタカナで書き起こして歌っていました。中学生のときから、Queenなどの洋ロックにハマり、コピーバンドを作っていましたが、どんなに自分なりに似せて歌っても、録音すると日本人なりの発音にしかなりませんでした。

独学では、うまく発音しようとすればするほど、舌や唇をあれこれ動かして妙な発音になってしまい、一向にうまくなりません。

そのうち、日本人とアメリカ人は骨格が違うであるとか、英語には、日本人には聞き取れない高周波の音があるとかといったデマもあり、カタカナ発音を直すのは諦めてしまいました。

ある時、このアプリで英語の発音記号の発音の仕組みを知り、口の開き方や音の出し方にしっかりとした法則性があることがわかり、何度も繰り返して練習していると、自分では全く気が付かなかった、とてもかんたんな発音の方法がわかるようになりました。

その結果、自分で良かれと思ってやっていた発音を近づけるための口や舌の動かし方が殆ど無駄だったこと、先生にリピートアフターミーで教えてもらっても、クラスが終わるとすぐにもとの発音に戻ってしまう原因が、独学の発音法が原因だったことがわかりました。

REASON

国立研究開発法人との共同研究により開発した
特許技術

プロンテストシリーズの「プロンテストコール」は国立研究開発法人の産業技術総合研究所の音響分析グループとの共同研究により取得した独自の特許技術により、まるで音声学の専門家が指導しているかのように、あなたの発音を分析し、どこを直せばよいか具体的に判定し、指導できる「プロンテストエンジン」を使用しています。

他のアプリでは、音声認識技術を用いているので、あなたの発音がお手本音声と何%似ているかを判断して表示しているだけなので、実際に調音器官をどう動かすなどの指導を行うことはできません。(そのように見せかけているものもあります)

弊社のプロンテストシリーズでご提供しているアプリは、全て、「プロンテストエンジン」での判定・指導を受けることができ、なおかつ、あなたの学習目的やご職業、年齢に最適なカリキュラムをご提供できるように、カリキュラム内容を分けています。

本気で通じる英語を身に付ける

プロンテストコールは、しっかりと会話の反復練習を身に着けたい方向けのカリキュラムです。全20レッスンで一つのレッスンをしっかりとやると30分から40分、英語をスピーキングする内容になっています。

30分〜40分のスピーキング練習が20コマあると考えてください。
少ないと思いますか?

通常オンライン英会話のクラスは25分程度でそのうちあなたが喋っている時間は、10~15分程度です。また、身についていない英語表現を考えながら話すことになるので、実際の練習効果はもっとうすくなります。

それに比べて、プロンテストコールでは、ほぼ30分喋りっぱなしです。同じ表現もリエゾン練習で何度もスピーキングしますので、同じ時間の英会話レッスンの4〜5倍は反復練習の効果があります。

※リエゾン練習®は、英語の音変化を身につけるためのプロンテストシリーズ独自の練習方法・カリキュラムのことです。
また、この反復練習をしていく中で、過去形や仮定法・未来形などの英文法事項は完全に身につき、自然と口をついて出てくるようになります。

英語のスピーキング練習を本気でするのであれば、他のどんなカリキュラム・どんなアプリよりもプロンテストコールのカリキュラムで練習するのがよいでしょう。
プロンテストコールは本気で通じる英語を身に付けられるようになりたい人のために開発したカリキュラムなのです。

STORY

音声学に基づいた独自のカリキュラム

プロンテストの技術・指導カリキュラムが、他社の語学学習アプリよりも優れているのには、わけがあります。

プロンテストのカリキュラムは、代表である奥村眞知が英語学習者がスムーズかつ、効果的に練習できるよう、精魂込めて制作しています。

教科書準拠のカリキュラムなど、オリジナル以外のテキストがあるカリキュラムも、教材の中身を細大漏らさず何度も読み込みカリキュラムを制作。オリジナルテキストの制作陣が、学習者に何を練習させたかったのか意図を汲み、更に、書籍だと止むをえず、掲載していないと思われる文法事項の練習なども追加しています。

代表の奥村眞知は、東京女子大学の英米文学科を卒業し、英語教員免許も取得しています。また、在学中には、音声学の開祖である、故ダニエル・ジョーンズ先生の教え子である、故西野和子教授より音声学の指導を受けており、音声学の開祖の孫弟子としての教育を受けています。

また4年間の渡米を含み、一貫して語学スクールでの指導を行っており、1988年から茨城県つくば市にて、ベアーズ英会話スクールを展開しております。

英会話スクールで何千人もの学習者を指導する中で、学習の初期に発音をしっかり身につけた学習者とそうでない学習者に、その後の成長に大きな差があることに気づき、自学習で英語の発音学習をする必要性から、2000年に株式会社プロンテストに改組し、「プロンテストエンジン」の開発に着手するに至りました。

プロンテストシリーズの前身であるインストールソフト版「発音検定」「発音検定ジュニア」は、2011年より日本全国の大学・都立高校・茨城県の全中学校に採用されています。

いま時代はスマートフォンやipadで学習する時代となり、プロンテストの創業当時よりも英語のカリキュラムは増えました。留学者の数も増え、様々なレベルの学習者が発音の重要性に気づき始めています。英語教育の現場でも、実際に話すことができることが重視されるようになり、私立中学校・高校の現場などでは、アプリを使った自学習が始まっています。公立中学校では、GIGAスクール構想により、タブレット端末が配布され、まさにこれからどんなアプリで学習させるかという時代になりました。

アプリご利用料金

1か月

1ヶ月あたり

2,750(税込)
6ヶ月

1ヶ月あたり

1,650(税込)

6ヶ月合計9,900円(税込)

40%
OFF
12ヶ月

1ヶ月あたり

1,100(税込)

12ヶ月合計13,200円(税込)

60%
OFF
PHONOLOGY

実際に使える英語を話すこと

欧米では、CEFRという基準でいわゆる4技能に対応したアセスメントが常識となっている中で、日本でも、TOEICLRの点数が高ければよい、英検2級を持っていればよいということではなく、実際に使える英語を話すことが求められ始めています。

このプロンテストコールを見つけていただいたあなたは、これまで、いろいろな英会話スクールや英語学習サービスを試してきたはずです。

その中でうっすら、英語を本当に身につけ、使えるようになるためには正しい練習方法をしっかりと行う以外ないと気づかれてきたのではないでしょうか?

プロンテストコールの練習内容は、突飛なものはありません。

英会話スクールで、講師に時間があって、指導法の知識があって、発音を聞き分ける能力もあればこんなレッスンをしたいという内容をそのまま形にしたものです。

その中でも、人間の講師にも代替しづらいのが、発音の練習です。

アメリカでは、語学教育の中で真っ先に行うのが英語の発音学習[phonology]です。

なぜなら、アメリカは移民の国ですから、同じ英語を話していても、イタリア系であったり、中国系であったり、アフリカ系であったり、バックボーンによって、発音ができたりできなかったりします。でも、アメリカという社会の中で、ハンデを負わないためには、ちゃんとお互いに通じる発音にすることは、いろいろな議論があるとしても、本人の実利的には重要なことなんですね。

 

あなたも、アメリカや欧米で活躍できる人になりたかったり、または、将来アメリカやヨーロッパに居住したいのであれば、日本人なりの発音であっても、通じる英語を身につけるのは、あなたが思う以上に重要なことです。※カタカナ発音と日本人なりの通じる発音は全く異なります。

 

あなたの夢を実現するために、まずプロンテストコールで、夢につながる英語学習を本気で取り組みませんか?