英会話に「文法はいらない」のは本当?英文法の必要性とおすすめ勉強法

folder_open英語学習で発音練習をする理由
英文法の教材

英語を勉強していると、「英会話に文法はいらない」と耳にすることがあります。しかし、実際のところ、文法は発音に並んで英会話の「土台」に該当するとても大切な基礎知識です。

英文法のルールを知らないままでは、効果的に英会話を上達させることはできません。そこで今回は、英会話における文法の必要性と、英会話を伸ばすための英文法勉強法、おすすめの英文法学習アプリ・教材を紹介します。

英会話における英文法の必要性

英会話における英文法の必要性

英会話を学ぶにあたり、「英語を話せるようになるのに、英文法の知識はいらないのでは?」と思っている方は少なくないでしょう。また、英語学習の先輩の中には、「英文法を学ばずに英会話を習得した」とか「英会話に英文法は必要ない」などと口にする方もいます。

しかし、実際のところ、英会話を習得するにあたって「文法」は必須です。なぜなら、英単語やフレーズ、表現を覚えていても、それらを正しい語順で並べることができなければ、自分の言いたいことを正確に表現することはできないからです。

そもそも文法とは、文章を作る際の単語の並べ方に関するルール・規則性のことです。つまり、英語を話すためには、「文法」のルールに沿って英単語を並べて、文章を作る必要があります。

ここでは、英会話における英文法の大切さを示す例として、以下の2つの英文を見ていきしょう。

  • ・I really don’t like chicken.
  • ・I don’t really like chicken.

同じ単語で構成されているこれら2つの英文の違いは、否定を意味する“don’t”の位置です。“don’t”が“like chicken.”の前に置かれているか、“really like chicken.”の前に置かれているかという違いだけなのですが、2つの文章が意味することは大きく異なります。文法の知識がなければ、当然ながらこれら2つの文章の違いを理解することはできませんし、使い分けることもできませんよね。

しかし、英文法の知識がしっかりと身についていればどうでしょうか?「“not”は、“not”以降の文章を否定する」という文法のルールを知っていれば、2つの文章はそれぞれ次のように理解することができます。

  • ・I really don’t like chicken.(私は本当に鶏肉が好きではない。)
  • ・I don’t really like chicken.(私は鶏肉がそれほど好きではない。)

一つ目の文章は、「鶏肉が好きではない」という文章に強調の“really”が加わり、「私は本当に鶏肉が好きではない」となります。一方、二つ目の文章は、「鶏肉が本当に好き」という文章を“don’t”が否定しているので「私は鶏肉がそれほど好きではない」という意味になります。

これは数ある英文法のほんの一例に過ぎませんが、いかに文法のルールが重要な役割を果たすかどうかを理解していただけたと思います。英文法を知らないということは、単語の正確な並べ方や文の作り方がわからないということ、つまりは英語を正しく話すことができません。

正しい英語を話すためには、「通じる発音」を身につけることが大切なように、文法というルールに従って英文を作ることも不可欠です。

英文法を学ばなくても英会話はできるようになる?

英文法を学ばなくても英会話はできるようになる?

ここまでで、英会話における英文法の必要性を理解していただけたと思います。では、英文法を学ばずに英会話に挑むとどうなるのでしょうか?

ちなみに、幼少期を英語圏で過ごした人の場合、英文法をとりわけ学ばなくとも英語を喋れるようになることがあります。しかし、これは私たちが日本語の文法を学ばずに日本語を喋れるようになったのと同じことです。

大人になった今、子供のように英文法を感覚的かつ自然に身につけることは容易ではありません。そのため、大人は英文法を論理的かつ体系的に学ぶ方が学習効率は高いといえます。

ここでは、英文法を学ばないと直面する課題について説明します。

課題①:英文の理解が追いつかない

まず、英文法の知識が不足していると、英会話のリスニングにおいて英文の理解が追いつかなくなります。これは、英単語やフレーズなどを聞き取れているにもかかわらず、文全体の意味を理解できなかったり、意味を取るのに時間がかかり過ぎてしまっていたりすることが原因です。

英会話では、次から次へと話が展開していきますので、文法の知識不足のために意味を取るのに必要以上の時間を要してしまうことは致命的といえます。語彙や発音など、英語を聞き取るための能力がすでに身についているのであればなおさら、文法の知識不足が足を引っ張ることがないように努力しなければなりません。

課題②:相手に自分の意図が伝わりにくい

十分な英文法の知識が身についていないことは、英会話のスピーキングにも悪影響を及ぼします。というのも、文法のルールが分からず、正確な文章を作ることができなければ、当然ながら相手に自分の意図を理解してもらうことはできないからです。

“How are you?”や“Nice to meet you.”などの挨拶程度であれば、文法力がなくても問題ないでしょう。しかし、自分の意見を相手に伝えたり、複雑な事柄をわかりやすく説明したりするとなると、英単語やフレーズを適当に並べるだけではさすがに限界があります。

記事の冒頭で例示した“I really don’t like 〜.”と“I don’t really like 〜.”のように、細かな語順の違いでも、相手に伝わる意図は大きく変化します。相手に自分の意図を正確に伝えるため、そして細かなニュアンスまで誤解なく伝えるためには、英文法を学ぶことが不可欠です。

英会話で必要な英文法のレベルとは?

英会話で必要な英文法のレベルとは?

ここまででお伝えしたように、文法は発音に並んで英会話の「土台」に該当するとても重要な基礎知識です。では、英会話を習得するにはどの程度の英文法の知識が必要なのでしょうか?

必要な英文法のレベルは、何を目標とするかによって異なります。しかし、基本的には、中学レベルの英文法知識があれば、自分の伝えたいことを表現したり、相手の発言を理解したりすることができるようになります。複雑な英文法を使いこなすことはできなくても、自分の伝えたいことをしっかり文章にして表現することは可能です。

もちろん、中学レベルにとどまらず、高校レベルの英文法も学習すれば、さらに高い英会話力が身につきます。

ただし、まずは最低限の文法知識を身につけるという意味でも、中学レベルの英文法を学ぶことをおすすめします。英文法の具体的な勉強方法については、以下で詳しく解説していきます。

英会話を伸ばすための英文法勉強法

英会話を伸ばすための英文法勉強法

続いて、英会話を伸ばすための英文法勉強法について紹介していきます。ここで注意して欲しいのが、英語のテストに向けて英文法を暗記するのと、英会話を習得することを目的に英文法を学ぶのでは、取り組むべき勉強法やポイントが異なるということです。

ここでは、「英語を話せるようになるための英文法勉強法」にフォーカスしてお伝えしていきます。

中学レベルの英文法をマスターする

まず、「英文法に自信がない」「中学レベルの英文法を使いこなせていない」という方は、中学3年間で習う英文法を徹底的に学び直しましょう。

ここまででお伝えしたように、英会話は中学レベルの英文法が「土台」となりますので、中学英文法を「使える」レベルに達する必要があります。中学レベルまたは、初心者向け英文法を網羅した参考書やアプリを活用して、基礎的な英文法を学習していきましょう。

「もっと高い英会話力を身につけたい!」という方は、中学レベルの英文法を使いこなせるようになってから、高校レベルの英文法の学習に進むと良いでしょう。中学レベルの基礎が身についていないまま、高校レベルの英文法を学ぶことは避けてください。

英文法を英語学ぶ

基本的な英文を読んで理解できる英語力が身についている場合は、「英文法を英語で学ぶ方法」がおすすめです。英文法が英語で解説された教材を使うことで、ネイティブの感覚のまま英文法を理解できるようになります。

日本語だと違いを説明するのが難しい文法の違いや、日本語だと伝わりにくい英語特有の細かなニュアンスまで身をもって理解できるため、英文法力をさらにブラッシュアップすることができます。

英文法の細かなニュアンスや実践的な使い方を掴むのに苦戦しているという方は、海外製の英文法参考書を手に取って、日本語を介さずに英文法を学んでみると良いでしょう。

英作文を書く

おすすめの英文法学習法の三つ目は、英作文を書くことです。インプットした英文法の知識を使って英作文を書くことは、「理解できる英文法の知識」を「実際に使える英文法の知識」へと進化させるのに効果的です。

たとえば、仮定法を学習した場合、実際に仮定法を使った文章を書く練習をすることで、実際に日常会話で仮定法を使うシーンに出くわした際にスムーズに使えるようになります。

英文をリスニング&音読する

英文法の学習というと、参考書を開いて解説や例文をひたすらインプットするというイメージがあるかもしれません。しかし、頭に知識をひたすら詰め込む学習法は、テストでは役だっても、実践的な英文法力を身につけることにはつながりません。

そこでおすすめなのが、英語の音声をリスニングしたり音読したりして、「音」で学習する方法です。英語の文字を読んで理解できるだけでなく、実際に英語の音声の文構造や意味を「耳」で聞いて理解できるようになることが英会話に役立つことはいうまでもないでしょう。

頭の中にある英文法や発音の知識を活用して、聞き取った「音」と「イメージ」を瞬時に紐付けられるようになるためにも、アプリの音声データや参考書の付属CDなどを積極的に活用しましょう。

英会話に必要な英文法を学べるおすすめアプリ

ここまでで、英会話を伸ばすための英文法勉強法をお伝えしました。そこで次に、英会話の習得を目的とした英文法学習に役立つおすすめアプリを紹介します。

「アプリでサクッと英文法の勉強をしたい」「忙しくてなかなか学習時間を確保できない」という方は、ぜひこれらのアプリを活用してみてください。

プロンテストシリーズ プロンテスト・コール

『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』は、会話練習と発音練習をしながら自然に正確な英文法を身につけるためのスピーキング練習アプリです。

日本語における「てにをは」を繰り返し文法練習することで、ただ暗記しただけの文法知識ではなく、「信頼を得られる英語」を習得することができます。具体的には、過去に起こったことや未来のこと、関係性などを正確に表現できるようになります。

また、本アプリは文法と同様に英会話の「土台」に該当する発音を身につけたい方にもとてもおすすめです。発音判定機能が搭載されているため、会話練習・文法練習に取り組みながら、「正しく発音できているか」「ネイティブのように発音するには、どこをどう直せば良いのか」がわかるので、通じる発音が身につきます。

『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』は、無料でお試しすることも可能です。少しでも気になった方は、ぜひ公式サイトより詳細をご確認ください。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,750円(税込)
  • 3ヶ月プラン:月額2,337円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,650円(税込)

公式サイト

Google-Play

LearnEnglish 英文法

LearnEnglish 英文法

『LearnEnglish 英文法』は、ブリティッシュ・カウンシルが提供する無料の英文法学習アプリです。初級から上級まで、1,000以上もの幅広いレベルの英文法練習問題が収録されています。

穴埋め問題や文章の正誤問題、一致問題などさまざまな形式で問題を解けるので、飽きずに文法知識を定着させることができます。問題を解いたらすぐに答え合わせができるのもうれしいポイントです。

無料アプリとは思えないほど問題数が多く、質も高いアプリなのでぜひダウンロードしてみてください。なお、本アプリは「イギリス英語版」と「アメリカ英語版」に分かれているので、自分の好きな方を選んで活用しましょう。

料金

  • 無料(※アプリ内課金あり)

公式サイト

英会話に必要な英文法を学べるおすすめ教材

続いて、「教材を使って英文法を徹底的に学びたい!」という方におすすめの英文法教材を2冊紹介します。

English Grammar in Use

English Grammar in Use

『English Grammar in Use』 は、世界的ベストセラーとなっているケンブリッジ大学出版の英文法参考書です。世界発行部数は3,200万部を超えており、「英文法を学ぶならこれ!」という定評・安心感があります。

本参考書は、中学校や高校で使った日本語の参考書とは異なり、英文法がすべて英語で解説されています。そのため、日本語を介さず、ネイティブが持つ感覚のまま英文法を学ぶことができます。

日本語に訳すと理解しがたい細かなニュアンスまで学べるため、英会話で大いに役立つ実践的な英文法力を身につけられます。イギリス英語版とアメリカ英語版、そしてそれぞれ初級・中級・上級が出版されているので、自分の学びたい英語やレベルに合わせてぜひ一冊手に取ってみてください。

公式サイト

Oxford Modern English Grammar

『Oxford Modern English Grammar』は、オックスフォード大学出版の英文法参考書です。イギリス英語とアメリカ英語の両方、そして初歩的な文法事項から上級者向けの複雑な文法事項まで幅広くカバーした一冊となっています。

『English Grammar in Use』と同じく全編英語の参考書ですが、文法用語や表記が出てくる順で分かりやすく解説されているので、しっかりと理解しながら読みすすめることができます。

日本語で学習した英文法を英語で一から学び直したい方や、初歩的な内容から上級者向けの英文法までカバーした参考書を探している方におすすめです。

公式サイト

英会話に必要な英文法を勉強する際のポイント

続いて、英会話に必要な英文法を勉強する際のポイントを2つ紹介します。

まずは「発音」から!体系的に学ぶ

英会話を習得するのに欠かせない「英文法」は、基礎から体系的に学ぶことが重要です。「少しでも早く英語を話せるようになりたい!」という思いから、発音や文法などの基礎を地道に学ぶことを差し置いて、スピーキング練習やリスニング練習に取りかかりたくなるかもしれません。

しかし、英会話学習を効果的に進めるには、「土台」からしっかりと築いていくことがポイントです。なぜなら、音符・楽譜が読めないとピアノを弾けないように、発音や文法の基礎知識が身についていないと、英語を話せるようにはならないからです。ましてや、「土台」がないところに知識を積もうとするのは非効率です。

英会話の勉強に取り組むにあたっては、「発音練習」→「文法・語彙知識のインプット」→「アウトプット(スピーキング練習など)」と体系的に学習を進めていきましょう。早い段階で、発音や文法という基礎をしっかりと身につけておくことで、その後の学習を効果的に進められるようになります。

使える文法を増やす

英会話の習得を目的に英文法を学ぶ際は、「使える英文法」の知識を増やすことを心がけましょう。というのも、参考書の解説文を読んでただ理解しただけ、または英文法事項をただ機械的に暗記しただけでは、英文法を使えるようになったとは言えないからです。

基本的に、英会話では、英語の文章を読んだり聞いたりするのと比較して、より高度な文法の知識が必要となります。自分の言いたいことを正確に表現するためには、中学レベルの英文法を理解できるようになるだけでなく、使えるようになることを目指しましょう。

まとめ

今回は、英会話の習得に「英文法」の必要性や英文法の学習方法、おすすめの英文法学習アプリ・教材などを紹介しました。英会話を習得するためには、発音や英文法のルールを学び「土台」をしっかりと作ることが大切です。

これらの土台をしっかりと作っておけば、その後のスピーキング学習・リスニング学習の効率はグンと高まり、より短期間で英会話を習得できるようになります。

当社プロンテストは、会話練習を通して自然で正確な英文法と発音を身につけられるスピーキング練習アプリを提供しています。「英会話に通じる文法力を身につけたい!」「文法と発音を集中的に強化したい」などという方は、ぜひ当社プロンテストの『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』をお試しください。

関連記事

ブログ・更新情報

メニュー