ビジネス英語の効果的な習得方法は?「発音」の学習が必要な理由とは

folder_open英語学習で発音練習をする理由
ビジネスにおける英語

「海外で働きたい!」「英語でプレゼンやミーティングをできるようになりたい」など、ビジネス英語の習得を目的に英語を学習している方は多いでしょう。ビジネス英語の勉強というと、単語学習やロールプレイ練習などが真っ先思い浮かびますが、実は発音学習がとても重要です。

そこで今回は、ビジネス英語において「発音学習」が必要な理由と、効果的なビジネス英語勉強方法について解説します。

ビジネス英語とは?

ビジネス英語

そもそもビジネス英語とは、仕事(ビジネス)のシーンで使用する英語のことです。具体的には、取引先との挨拶や電話・メールでのやり取り、社内でのプレゼンテーションやミーティングなどで必要な英語のことをいいます。

日本語でも友だちや家族とカジュアルな日常会話を交わすときと、上司や取引先の方とやり取りをするときとでは、単語のチョイスや言い回しが変わりますよね。ビジネスシーンでは、より専門的で難しい単語や表現を使ったり、よりフォーマルな話し方をしたりするはずです。

これは英語を話す環境でも同じで、ビジネスシーンに身を置くのであれば、自身が働く業界の専門用語を学んだり、取引先の相手に失礼のない話し方や接し方を身につけたりすることが重要です。海外赴任や海外出張が多い企業や、日本在住でも海外企業とのやり取りが多い企業などで働く方は、英語の中でも「ビジネス英語」に特化した学習をする必要があります。

ビジネス英語と日常英会話の違い

「英語には敬語表現がない」「英語はカジュアルな言語だ」などと聞いたことがあるかもしれません。そう思っていると、「ビジネス英語と日常英会話って何が違うの?」と疑問に感じてしまいますよね。しかし、実際には英語にも敬語表現やフォーマルな言い回し・話し方は存在します。ビジネスシーンとなればなおさら、敬語表現の必要性は高まります。

ビジネス英語と日常英会話の主な違いは、ことばの丁寧さと習得が必要な単語数の2つです。

まず、ビジネス英語は、日常英会話よりも丁寧でフォーマルな単語・表現を好みます。たとえば、日常英会話では相手に何かをしてもらいたいとき、“Can you〜?(〜してくれる?)”と口にします。しかし、ビジネスシーンでは“Could you〜?(〜していただけますか?)”というより丁寧な表現を使います。他にも、“buy”を“purchase”と表現したり“ask”を“inquire”といったり、好んで使われる単語にも差が出ます。

また、一般的にビジネス英語と日常英会話では、覚える必要がある単語数が大きく異なります。ビジネスシーンでは“buy”よりも“purchase”という単語が好んで使われるという一例からわかるように、ビジネス英語ではより専門的で難しい単語を使うため、必要な単語数も必然的に多くなるという訳です。

つまり、ビジネス英語を習得するにあたっては、フォーマルな英単語や表現を重点的に学ぶ必要があります。語彙数を増やすことはもちろん、シーンによってフォーマル度を調節できるように、どの英単語・表現がフォーマルなのかを押さえておくことが大切です。

ビジネス英語において発音学習が必要な理由

ビジネスで英語を使用する場面

ここまでで、ビジネス英語と日常英会話の違いについて理解していただけたと思います。しかし、ビジネス英語と日常英会話は「発音学習」が必要不可欠であるという点においては共通しています。

ビジネス英語をマスターするには、語彙を増やしフォーマルな話し方を身につけることが大切だとお伝えしましたが、あくまでも「発音学習」という土台がしっかりできていることが前提となります。なぜなら、いくらビジネスシーンにふさわしい英単語や表現を知っていても、「通じる発音」が身についていなければ意思の疎通はできないからです。

ここでは、ビジネス英語において「発音学習」が必要な理由をお伝えしていきます。

買い言葉より売り言葉の方が難しいから

ビジネス英語で「発音学習」が必要な理由の1つ目は、買い言葉より売り言葉の方が難しいからです。平たくいえば、相手国からモノを買う(輸入)するよりも、モノ・技術を売る(輸出)する方が、より高度な英語力が必要ということです。

近年では、日本の貿易力が下降傾向にあります。日本がより積極的に技術を輸出して「国力」を高めるためには、英語力が不可欠です。そして、詳しくは後述しますが、海外で求められる英語力は私たちが思うよりもずっと「発音」重視であるため、発音学習が欠かせないのです。

海外で求められる英語力は「発音」重視だから

2つ目の理由は、海外で求められている英語力は「発音」重視だからです。みなさんの中には、「発音が間違っていても英語は通じる」「発音がうまいかどうかはあまり関係ない」などと思っている方がいるかもしれません。

確かに日本の英語教育では、「発音」よりも語彙力やリスニング力などが重要視される傾向があります。しかし、海外で求められる英語力というのは、私たちが思うよりもずっと「発音」重視です。発音の良し悪しで仕事のポジションが決まることや、発音がネイティブに近いほど時給が高くなることが珍しくありません。

そのため、海外に通じるビジネス英語を習得したいのであれば、「通じる発音」を身につけることがとても重要です。

英語を「外国語」として話す人の方が圧倒的に多いから

3つ目の理由は、世界には英語を公用語として話す人よりも英語を外国語として話す人の方が圧倒的に多いからです。つまりは、ネイティブスピーカーのような綺麗な英語を話す人口はごくわずかで、大多数の人は母国語に影響を受けた訛りのある英語を話しているということです。

そんな中で英語を使ってビジネスをするためには、お互いが最低限の通じる“発音”で英語を話すことが不可欠です。特にアジア人などのノンネイティブ話者同士のビジネスでは、英語の発音に自身がある方が優位に立てる傾向にあります。

たとえば、インド英語には訛りがありますが、彼らには自分たちの発音が正しいという自信があるため、彼らのインド英語を聞き取れない日本人の方が英語力に自信をなくしてしまいます。そのため、私たち日本人は「カタカナ英語でも通じるだろう」という考えを捨て、正しい発音をマスターし、英語力に自信をつけることがとても大切です。

ビジネス英語の効果的な勉強方法

英語の勉強方法

続いて、ビジネス英語の効果的な勉強方法を技能別に紹介します。4技能の学習に取りかかる前に基礎トレーニングとして「発音学習」を行うことで、学習効果を大幅に高めることができます。

発音の勉強方法

まず、ビジネス英語の基礎トレーニングに該当する発音の勉強方法を紹介します。

英語の母音・子音を学ぶ

まず、ビジネス英会話で相手の英語を正しく聞き取り、自分の英語を相手に理解してもらうためには、英語の「音(=母音・子音)」を学ぶことが大切です。というのも、英語には日本語にはない音がたくさん存在しており、日本人のデフォルトの状態では英語の音を正しく聞き分けることができないからです。

実際に、日本語は約70個の音(子音+母音のモーラ)で成り立っているのに対して、英語にはなんと約600個もの音があります。例えば、日本語では言い分ける必要がない「ア」という音一つとっても、英語には/æ/、/ɑ/、/a/、/ʌ/という4つの音に分かれます。

そのため、ビジネスシーンで通用するリスニング力・スピーキング力を身につけるには、発音記号を通して英語特有の母音・子音を徹底的に学ぶ必要があります。

発音練習に取り組む

英語の母音・発音の知識が身についたら、次は「発音練習」に取り組みます。特定の音を含んだ英語の文章をしっかりと聞いた後で、音読に取り組むことで「音の出し方」を理解しましょう。

これまで認識できていなかった「音」がどのように発音されているのかを学ぶことで、頭の中で「音」と「単語」が結びつくようになり、英語のリスニング能力が飛躍的に向上します。そして、発音を聞き取れるようになると、徐々に自分の発音も改善されるため、スピーキング力の伸びも実感できるようになります。

リーディングの勉強方法

次に、ビジネス英会話におけるリーディングの勉強方法を紹介します。

ビジネス英単語を学ぶ

ビジネス英語のリーディング力を伸ばすには、まずビジネスシーンで頻出の英単語の基礎知識をつけることが大切です。ビジネスシーンではより高度かつ専門的な語彙の知識が求められるため、日常英会話に必要な英単語をすでにマスターしているという方でも英単語を学び直す必要があります。

頻出のビジネス英単語が網羅された単語帳やアプリを手に取り、例文とともに語彙を増やしましょう。この際、日本語訳と対で覚えるのではなく、実際のビジネスシーンをイメージして紐付けながら学習することがポイントです。

ネイティブの英語を聞いて音読する

ネイティブの音声を繰り返し聞き、音読することでリーディング力を効果的に強化することができます。リーディングと音読学習は一見関係ないように思えますが、実際には「発音」と「意味」に注力して音読に取り組むことで、頭の中で“スピーキング”する能力=リーディング力が鍛えられます。

音読をすることで、英語の文章が「音」としてイメージに紐付きやすくなることから、英語の文章をスムーズに理解できるようになります。

リスニングの勉強方法

続いて、ビジネス英会話におけるリスニングの勉強方法を紹介します。

英語のニュースを聞く

ニュース英語は日常英会話よりレベルが高く、ロジカルかつ丁寧な表現が好まれることからビジネス英語に近いです。そのため、ビジネス英語で必要なリスニング力を強化するには、英語ニュースの活用がおすすめです。

BBC(英国放送協会)やVOA(アメリカ政府運営の国営放送)などのサイト・アプリを活用すれば、無料で英語のニュースを聞くことができます。ビジネス英語のリスニング教材として活用すると良いでしょう。

TOEICの過去問に取り組む

TOEICでは、ビジネスシーンを想定したリスニング問題が多く出題されます。そのため、TOEICのリスニング問題は、ビジネスシーンにおけるリスニング力の強化に最適です。

TOEICのリスニング過去問題に取り組むことで、現時点でのリスニング力を確認したり、リスニングの練習をしたりすることができます。過去問題集を活用すれば、音声スクリプトや解説を確認でき、自己学習がはかどるのも嬉しいポイントです。

ライティングの勉強方法

次に、ビジネス英語におけるライティングの勉強方法を紹介します。

英語試験のライティング問題に取り組む

ビジネスシーンで役立つライティングスキルを高めるには、ビジネス英語に特化した英語試験のライティング問題に取り組む方法が効果的です。ビジネス関連のお題に沿って文章を書くことは、ビジネス特有の英単語や表現をアウトプットする良い練習になります。

さらに、ライティング問題の模範解答や高得点回答の文章を自分が書いた文章と見比べることで、自分の課題を把握したり、自分では思いつかなかった新たな表現を習得したりすることもできます。

添削サービスを利用する

英語のビジネス文章を書いた後は、添削サービスを利用して自分の文章をチェックしてもらうとより効果的です。ただ英語の文章を書くだけでは、どこが間違っているのか、どんな表現を使えばより良い文章が書けるのかなど、自分の課題や改善点がわかりません。

自分の間違いから学ぶため、そして新たな語彙を学びビジネス英語の表現をより豊かにするためにも、ライティングを勉強する際は添削サービスを利用してみましょう。

スピーキングの勉強方法

最後に、ビジネス英語におけるスピーキングの勉強方法についてお伝えしていきます。

ビジネス英語に特化したオンライン英会話を利用する

ビジネスシーンに通用するスピーキング力を鍛えるには、ビジネス英語に特化したオンライン英会話の利用がおすすめです。最近では、日常英会話を学べるサービスだけでなく、ビジネス経験を有するプロの講師によるレッスンを提供しているサービスも多く登場しています。

ビジネス英語に特化したサービスを利用することで、ビジネスシーンで役立つ表現やフレーズを効率良く学習・練習できます。「ビジネス英語の練習相手が欲しい」「英語でのプレゼンテーションを練習したい」などという方には、ビジネス英語に強いオンライン英会話の活用をおすすめします。

ロールプレイ練習をする

ビジネス英語のスピーキングを伸ばすには、実際のビジネスシーンを想定したロールプレイ練習が効果的です。ロールプレイというと相手が必要だと思うかもしれませんが、一人で行うことも可能です。

まず、自宅など実際に英語を声に出せる環境で、特定のビジネスシーンをイメージします。「弊社の新サービスをおすすめする」「上司に悩みを相談する」などのシーンを想定・設計し、実際に英語で会話を行います。相手からどんな反応が返ってくるかをイメージしながら、英語を話す練習をすることが大切です。

このように実際にロールプレイ練習に取り組むことで、ビジネス英語の知識を効果的にアウトプットすることができます。「ビジネス英語を練習する場がなくて困っている」という方は、ぜひ一人ロールプレイ練習に取り組んでみてください。

ビジネス英語の勉強におすすめのアプリ

続いて、ビジネス英語の勉強に役立つアプリを紹介します。

発音の勉強におすすめ

プロンテストシリーズ 発音特訓パック

プロンテスト 発音特訓パック

『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』は、当社プロンテストが提供するスピーキング練習アプリです。音声学に基づいた発音指導を受けながら、会話練習に繰り返し取り組むことで、正しい発音を身につけることができます。

音声学に基づいたプロンテストエンジンが発音を測定・分析し、具体的にどこをどう改善すれば良いのかを教えてくれるので、独学での発音学習にありがちな「自分の発音のどこが悪いのかわからない」という問題が起こりません。アプリは無料でお試しすることができますので、少しでも気になった方は当社のホームページにてアプリの詳細をご確認ください。

料金プラン

  • ・1ヶ月プラン:月額2,200円(税込)
  • ・3ヶ月プラン:月額1,870円(税込)
  • ・6ヶ月プラン:月額1,320円(税込)

公式サイト

リーディング・リスニングの勉強におすすめのアプリ

続いて、リーディング・リスニングの勉強に役立つアプリを紹介します。

BBC News

BBC News

BBC Newsの公式アプリでは、世界中の最新ニュース記事を読んだり、ニュース動画を閲覧したりすることができます。ビジネス関連のニュースはもちろん、政治や健康、エンタメなど幅広いニュースを取り扱っており、アプリ内では自分の興味・関心に合わせてフィードを自由にカスタマイズすることも可能です。

「英語ニュースを活用して、ビジネス英語を読んだり聞いたりする練習がしたい!」という方には、BBC Newsアプリの活用がおすすめです。

公式サイト

ライティングの勉強におすすめのアプリ

次に、ビジネス英語のライティング学習に役立つおすすめアプリを紹介します。

IELTS Prep App

IELTS Prep App

IELTS Prep Appは、ブリティッシュ・カウンシル提供のIELTS試験対策アプリです。本アプリでは、IELTSの出題形式に沿った練習問題でライティングスキルを鍛えることができます。スピーキングやライティングなど、技能別にPractice Testが収録されているので、ライティングの過去問だけサクッと取り組みたいという方にもおすめできます。

制限時間がある中でお題に沿って英語の文章を素早く書く練習がしたいという方は、ぜひ活用してみてください。

公式サイト

スピーキングの勉強におすすめのアプリ

続いて、ビジネス英語のスピーキング学習に役立つ当社プロンテスト提供のおすすめアプリを紹介します。

プロンテストシリーズ プロンテスト・コール

『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』は、ビジネスシーンで役立つ「相手と信頼関係を構築するための英語」を発音の基礎から身につけられるスピーキング練習アプリです。発音練習・スピーキング練習を通して、正確かつ知的な英語のスピーキング力を習得することができます。

プレゼンテーションやミーティングなどのビジネスシーンで通用する「発音」と「相手に伝えたいことを伝える」ための英語表現を身につけたいという方におすすめのアプリです。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,750円(税込)
  • 3ヶ月プラン:月額2,338円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,650円(税込)

公式サイト

まとめ

今回は、ビジネス英語において「発音学習」が必要な理由と、効果的なビジネス英語勉強法を紹介しました。

ビジネス英語をラクにかつ効果的に習得するためには、できるだけ早い段階で、英語の発音を学ぶことがとても重要です。海外の方とビジネスをする際、「通じる発音」で自信を持ってコミュニケーションが取れるように、発音学習に取り組みましょう。

当社プロンテストは、ビジネス英語に不可欠な「通じる発音」を身につけるためのサポートとアプリケーションを提供しています。「ビジネス英語を学ぶにあたって、まずは発音を完璧にしたい」「アプリで発音練習をしてみたい!」などという方は、ぜひ当社プロンテストにご相談ください。

関連記事

メニュー