NGな英語発音チェック方法とは?正しい発音のチェック方法とおすすめアプリ

folder_open英語学習で発音練習をする理由
英語の発音チェック

みなさんは、自分の英語の発音をチェックしたいとき、どうしていますか?正しい英語の発音を習得するには、自分の発音を定期的にチェックして改善することが不可欠です。しかし、実際にはどうやって発音をチェックしたら良いかわからなかったり、間違った方法でチェックしていたりする方が少なくありません。

そこで今回は、NGな英語の発音チェック方法をその理由とともに解説した後、正しい発音チェック方法とおすすめアプリについて紹介します。

日本人が英語の発音を苦手とする理由

英語の発音に苦手意識を抱く日本人は少なくありません。「英語ネイティブに話しかけても聞き返される」とか「いつまでたっても英語を聞き取れるようにならない」というのは、英語の発音が苦手だからです。

ではなぜ、多くの日本人は英語の発音が苦手なのでしょうか?ここでは、その理由についてお伝えしていきます。

日本語は音の数が少ない言語だから

日本人が英語の発音を苦手とする理由の一つ目は、日本語は英語と比較して遙かに「音が少ない」言語だからというものです。つまり、英語には認識できない音がたくさんあるので、日本人はデフォルトの状態では英語を聞き取ったり発音したりできないということです。

英語には、日本語よりも遥かに多い音(母音・子音)が存在しています。実際に、英語と日本語、韓国語、中国語の音の数はそれぞれ次のようになっています。

  • 英語:約600個
  • 日本語:約70個
  • 韓国語:約600個
  • 中国語:約2,000個

日本語は英語をはじめとした他の言語と比較して音の数が少ない分、正しく聞き取れる・発音できる音も少なくなります。そもそも日本人は、認識できる音が少ないので、英語の発音を苦手・難しいと感じやすいといえます。

発音の必要性を認識していないから

二つ目の理由は、そもそも発音の必要性を認識できていないからというものです。日本の英語教育では「発音指導」がしっかりとされていないことが多く、実際にこれまで発音の勉強をしてこなかったという方は少なくないでしょう。

学校で英語の発音について学んでこなかった、そもそも学ぶ機会がなかったこともあり、「カタカナ英語で十分だろう」「発音が多少間違っていても、語彙力があれば通じるだろう」など、英語の発音の必要性を認識できていなければ、発音を勉強する気にもなりません。

たとえば、英語を聞き取れないと、「語彙力が不足しているから」「リスニング練習が足りてないから」などと思ってしまいがちですが、実際にはそもそも英語の「音」を正しく認識できていない可能性があります。発音は、英語学習の「土台」に該当するとても大切な要素です。英語の発音を学び、発音に対する苦手意識をなくすためには、まず発音の必要性を認識する必要があります。

発音の正しい勉強法を知らないから

二つ目の理由と関連して、発音の正しい勉強法を知らないことも多くの日本人が英語の発音を苦手とする理由の一つです。英語の発音を勉強したくても、どう勉強すれば良いのかがわからないと苦手意識は強まる一方でしょう。

英語の発音に対する苦手意識を取り除くには、まず「正しい勉強法」を身につけることが大切です。正しい勉強方法や手順を知ることで、学ぶべきことや取り組むべきことが明確になり、少しずつ苦手意識を取り除くことができます。

正しい勉強法を知ることは、より効率的に少ない労力で発音を習得することにもつながります。

これはNG!間違った発音のチェック方法

Siriを使った英語の発音チェック

英語の正しい発音を身につけるには、自分の発音をチェックすることが欠かせません。これは、自分の誤った発音やクセを矯正するには、そもそもどこが間違っているのかを知る必要があるからですね。

では、どのように発音をチェックすればいいのでしょうか?ここでは、避けるべき間違った発音のチェック方法を紹介します。

SiriやGoogle翻訳を使ってチェックする

間違った発音のチェック方法の一つ目は、iPhoneのSiriやGoogle翻訳の音声アシスタントAIを使ってチェックする方法です。

具体的には、スマホに英語で話しかけて、

  • 自分の英語を正しく聞き取ってもらえる → 正しく発音できている
  • 自分の英語を正しく聞き取ってもらえない → 発音が間違っている

という基準でチェックするという方法です。英語学習者なら誰でも一度は試したことがあるのではないでしょうか?Siriとの会話が成立するとなんだか嬉しくなりますよね。

しかし、実際には、この方法では英語を正しく発音できているかどうかを正確にチェックすることはできません。なぜなら、SiriやGoogle翻訳で使用されている「音声認識」という技術は、あくまでも音声を文字化するためのものであって、発音の正しさをチェックするものではないからです。

音声認識の技術自体がそれほど高くなかった一昔前までは、誤った発音を文字化することができなかったことから、「文字化できる=正しい発音」「文字化できない=間違った発音」という考え方が通用しました。

しかし、現在では音声認識の精度が飛躍的に向上し、間違った発音でも文字化できる賢いエンジンへと変化を遂げました。日本語訛りのある英語でも、地域性などを計算することでしっかりと文字化してくれます。

つまり、音声認識としての精度・利便性が大いに向上したことにより、「文字化できる=正しい発音」「文字化できない=間違った発音」という考え方は通用しなくなってしまったのです。

このことから、SiriやGoogle翻訳などの音声認識(音声アシスタントAI)を英語の発音チェックに活用することはおすすめできません。

音声認識を使った英語学習アプリでチェックする

「SiriやGoogle翻訳を使うのがだめなら、音声認識を使った英語学習アプリはどうなの?」と思う方もいるでしょう。しかし、これらは英語学習に特化したアプリではあるものの、使っている技術は音声を文字化するための「音声認識」です。

そのため、SiriやGoogle翻訳と同様に「英語を正しく発音できているか」をチェックすることはできません。音声認識エンジンを搭載した英語学習アプリは、会話のシミュレーションやエリジビリティ(文中で英単語を使うことの適切さ)の練習をする場としての利用に留めておくと効果的でしょう。

アプリで英語の発音をチェックしたいのであれば、言語の発音評価・判定・矯正をするために開発された「プロンテストエンジン」を搭載したアプリ『プロンテストシリーズ』の活用がおすすめです。当社プロンテストの英語スピーキングアプリについては、記事の後半で詳しく紹介しています。

ネイティブスピーカーにチェックしてもらう

間違った発音チェック方法の三つ目は、ネイティブスピーカーに発音を聞いてもらう方法です。正しい発音を知っているネイティブスピーカーにチェックしてもらえば、間違いないような気がするかもしれません。

しかし、実際には「人によってチェック・指導にバラツキが出やすい」「話者にいくらか忖度してしまう」といった理由から、あまりおすすめできません。たとえば、私たち日本人も外国人の発音を突然チェックするとなれば、チェックする基準や厳しさは人によってバラバラになるのではないでしょうか?

また、発音できている・できていないことをチェックはできたとしても、「どこをどう直せば良いのか」について、調音器官(口や唇、舌など)の使い方まで具体的にアドバイスすることは容易ではありませんよね。たとえ発音の専門家だとしても、人によって正誤のボーダーラインや指導方法にバラツキがあり、これらを均一化することはかなり難しいとされています。

さらには、英会話スクールの講師に発音をチェックしてもらう場合、講師が無意識のうちに日本人の英語学習者に忖度してしまうことがあります。これでは、「英会話スクールだと通じるのに、海外に行くと英語が通じない!」ということになりかねません。

自分の英語の発音をチェックして正しい発音を身につけるためには、発音チェック・指導を均一化するためのモノサシと話者に忖度しない発音指導が必要です。

英語の発音チェックには「プロンテストエンジン」

ここまで、NGな英語の発音チェック方法を紹介しました。では、どのようにして英語の発音をチェックすれば良いのでしょうか?

英語の発音を正確にチェックするには、「プロンテストエンジン」を搭載したアプリがおすすめです。プロンテストは、“Pronunciation Test”の略で、活用すれば発音試験に匹敵する高精度で発音をチェックすることができますよ。

ここでは、プロンテストエンジンとは何か、そしてプロンテストエンジンが発音チェックにおすすめの理由について詳しくお伝えしていきます。

プロンテストエンジンとは?

プロンテストエンジンとは、英語の音声を分析・評価・矯正することを目的に開発された技術のことです。プロンテストは、“Pronunciation Test”の略で、その名のとおり英語の発音試験に匹敵するほどの高い精度で発音をチェックすることができます。

SiriやGoogle翻訳などで活用されている音声認識エンジンが、音素レベルで発音を分析している一方、プロンテストエンジンでは「調音的属性レベル(歯や唇、上あご、下の位置関係など)」といったさらに細かいレベルで正確に発音を分析します。

プロンテストエンジンが発音チェックにおすすめの理由

英語の発音チェックに「プロンテストエンジン」がおすすめの理由は、大きく分けて次の2つです。

  • もともと発音の分析・評価・矯正を目的に開発されており、高精度だから
  • 発音チェックはもちろん、「間違った発音の直し方」まで指導できるから

先ほどもお伝えしたとおり、プロンテストエンジンは英語の発音をチェックすることに特化した技術です。そのため、プロンテストエンジンを搭載したアプリを活用することで、まるで発音試験のようにかなり正確に発音をチェックすることができます。

さらには、プロンテストエンジンは正誤のチェックだけでなく、「どのように直したら良いのか」まで具体的に指導することが可能です。

たとえば、音声認識エンジンでは、自分の発音が文字(発音記号)でどう記述されるかを確認することはできても、舌の位置や口の開け方など、正しい「音」の作り方を具体的に指導することはできません。プロンテストエンジンなら、発音の間違いパターンを計算して、直し方を提案できるため、独学でも確実に「通じる発音」を習得できます。

これらの理由から、英語の発音チェックや矯正、練習には、「プロンテストエンジン」を搭載したアプリの活用がおすすめです。

英語の発音を正確にチェックできる!おすすめアプリ

ここまで、英語の発音を正確にチェックするには音声認識ではなく、「プロンテストエンジン」が最適なことをおわかりいただけたと思います。そこで次に、プロンテストエンジンを搭載したおすすめアプリを紹介します

プロンテストシリーズ 発音特訓パック

プロンテスト 発音特訓パック

『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』は、発音判定・指導のために開発されたプロンテストエンジンを搭載したスピーキング練習アプリです。本アプリでは、スピーキング練習に取り組みながら、「正しく発音できているかどうか」をチェックすることができます。

また、発音の正しさをチェックするだけでなく、「どこをどう直せば良いか」まで具体的にアドバイスをすることが可能なため、独学でもネイティブスピーカーもびっくり!の正しい発音を身につけられます。

また、発音記号や音変化など、あらゆる発音練習を幅広くカバーしているのもうれしいポイントの一つです。英語の発音をチェックしたい方はもちろん、発音矯正に取り組みたい方やスピーキングのアウトプット能力を強化したい方にもおすすめのアプリとなっています。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,200円(税込)
  • 3ヶ月プラン:月額1,870円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,320円(税込)

公式サイト

Google-Play

プロンテストシリーズ プロンテスト・コール

『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』は、発音練習とスピーキング練習に取り組みながら、さまざまな文法事項を自然に身につけられるアプリです。

たとえ十分な英語力が備わっていたとしても、英語の発音ができていなければ、「この人に話して大丈夫かな?」と話し手を心配させてしまうこともあるでしょう。本アプリでは、発音と文法を自然に身につけることで、「正確で知的な英語」の習得を目指します。

英語の発音と文法を知識としてではなく、練習を通して自然に身につけたいという学生やビジネスマンの方おすすめです。本アプリを活用して、ぜひ発音チェック・練習に取り組みましょう。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,750円(税込)
  • 3ヶ月プラン:月額2,337円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,650円(税込)

公式サイト

アプリを使った英語の発音勉強・チェック方法

アプリを使った英語の発音勉強・チェック方法

次に、上で紹介したアプリを使った英語の発音勉強・チェック方法をステップごとに紹介していきます。

ステップ①:英語のお手本音声を聞く

まず、発音練習を始めるにあたって、お手本となるネイティブスピーカーのモデル文を聞きます。どのように音を出しているか、どんな意味の文章かに意識を向けて、丁寧にリスニングしましょう。

ステップ②:自分の発音を録音

次に、自分の現時点での発音を録音してみます。ここで録音した音声は、後ほど「練習を通してどのくらい発音が良くなったか」をチェックするのに使います。スマホの録音機能を使えばOKです。

ステップ③:対象の「音」を含む単語で発音練習

ここからは、実際に『プロンテストシリーズ』のアプリを使って発音練習をしていきます。プロンテストシリーズのアプリには、発音記号や音変化の練習ができるレッスンが収録されています。練習したい「音」の対象となるレッスンを見つけて、発音練習に取り組みましょう。

なお、発音練習に取り組む際には、発音のチェックを行います。アプリが「もう少し唇を丸めてください」「単語と単語のつなぎ目の音に注意してください」などと、具体的なフィードバックをくれるので、それに従って繰り返し練習しましょう。

アプリが具体的に発音の直し方を提示してくれるので、取り組むべきことが明確にわかります。そのため、英語初心者でもストレスなく発音練習に取り組むことができますよ。

ステップ④:リンキングをリエゾン法で練習

続いて、リンキング(単語と単語のつなぎ目の音変化)も練習します。リエゾン法で音変化を学び、発音練習することで、ステプ①で聞いたモデル文のようにより滑らかに英語を発音できるようになります。

ステップ⑤:自分の発音を録音して“英語らしさ”をチェック

アプリを使って発音練習に取り組んだら、もう一度自分の発音を録音しましょう。自分の発音を練習前の発音と客観的に聞き比べて“英語らしさ”をチェックします。練習前と比較して、モデル文に近い発音ができていれば練習の成果が出ているということです。

ただ、この時点でまだ完璧に発音を習得できている必要はありません。というのも、英語の発音を習得するには、何度も繰り返し発音練習に取り組む必要があるからです。

「苦手だな」「この音の発音が不安」などと感じるようであれば、再びアプリを開いてその音を練習対象としたレッスンに取り組みましょう。

まとめ

今回は、意外と知らない正しい英語の発音チェック方法や発音チェックにおすすめのアプリなどを紹介しました。

英語の発音を正確にチェックするには、発音の分析・判定に特化した「プロンテストエンジン」を搭載したアプリの活用がおすすめです。英語の発音をチェックしたい方や、発音指導・発音練習を通して「通じる発音」を身につけたい方は、ぜひ当社プロンテストのスピーキング練習アプリをご活用ください。

関連記事

メニュー