英会話が上達しない!原因別の効果的な勉強法と押さえておきたいポイント

folder_open英語学習で発音練習をする理由
英語が上達しない

「英語の基礎は身についているのに、英会話がなかなか上達しない……」こう悩んでいませんか?英会話の上達には、発音の知識や語彙力、アウトプット能力など、さまざまな要素の強化が必要であるため、上達に苦戦する方は少なくありません。

今回は、英会話が上達しない主な原因と、原因別の効果的な勉強方法を紹介します。自分の英会話スキルが上達しない原因を特定し、今後の英語学習へお役立てください。

英会話が上達しない原因

英語を勉強するグループ

まず、「英会話がなかなか上達しない」と悩んでいる場合、上達を妨げている原因を特定する必要があります。ここでは、英会話が上達しない主な原因を5つに分けて紹介します。

発音の「土台」が身についていない

英会話が上達しない1つ目の原因は、発音の「土台」が身についていないことです。

英会話は、主にリスニングとスピーキングの2技能から成り立っています。そして、英語の発音は、リスニングとスピーキングを伸ばすための「土台」に該当します。

英語の「音」を聞き取れなかったり正しく発音できなかったり、土台作りができていない状態では、英会話が思うように上達することはありません。発音練習で「土台」を作っておけば、リスニング学習やスピーキング練習がよりラクかつ効果的になり、英会話の上達を実感しやすくなります。

これまで発音の勉強・練習をしてこなかったという方は、これを機に発音を学んで英会話の土台を作りましょう。

アウトプットの量が不足している

2つ目の原因は、アウトプットの量が不足していることです。

英会話では、知っている語彙・文法の知識を使って脳内で英文を作り、アウトプットすることが欠かせません。しかし、日頃からアウトプットの練習量を確保できていなければ、当然ながら英語のアウトプット能力が鍛えられることはありません。

アウトプット能力がなければ、十分な発音・語彙・文法の知識があったとしても、いざというときに英語がスムーズに口から出てこないでしょう。基礎知識は十分に身についているはずなのに、英会話がなかなか上達しないという方は、アウトプットの量を確保していく必要があります。

インプットの量が不足している

英会話の上達にはアウトプットが重要だとお伝えしましたが、それは十分なインプットの量を確保できていることを前提とした話です。というのも、十分な語彙・文法の知識をインプットできていなければ、アウトプット以前に伝えたいことの文章化すらできないからです。

特に、中上級者〜上級者の場合、基礎的な語彙・文法の学習は身についていても、自分が能動的に使える語彙・文法の知識量が少ないことがあります。この状態でアウトプット学習ばかりに注力してしまうと、使える語彙・文法が限定され、表現がワンパターン化してしまいます。

「英会話でつい同じ表現ばかり使ってしまう」「最近はアウトプットばかりで、インプットをおざなりにしていた」という方は、アウトプットと並行してインプットにも取り組むと良いでしょう。

誤った勉強法に取り組んでいる

英会話が上達しない4つ目の原因は、誤った勉強法に取り組んでいることです。

例えば、人気の英語学習法の一つに「シャドーイング」があります。シャドーイングとは、お手本となるネイティブの音声に続いて、“影”のように文章を読み上げるトレーニングのことです。

シャドーイングに取り組むと、ネイティブ並みのスピードと発音で読めているように錯覚するため、英語が上達しているように感じるかもしれません。しかし、実際にはシャドーイングでは、「発音」や「意味」に注力せず、英語の文章をただただ読み上げることばかりに注意がいってしまいます。

その結果、誤った発音が定着してしまったり、英文の意味取り能力が十分に鍛えられなかったりしてしまいます。英語の発音練習という「土台」ができていない状態でシャドーイングに取り組むのは、かなり危険です。

このように、一般的におすすめされている勉強法の中には、実は有害無益なものが少なくありません。まったく理解できない英語の音声を聞き流したり、日本語訳と対で英単語を暗記したりするといった勉強も避けた方が無難でしょう。

英会話を上達させるためには、効果のない誤った勉強法をやめ、学習効果・効率の高い勉強法に取り組むべきです。

十分な勉強時間を確保できていない

十分な勉強時間を確保できていないことも、英会話の上達を妨げる要因の一つです。英語学習は、一朝一夕で完成できるものではありません。ここでは、英語の発音練習を例にとって考えてみましょう。

まず、英語の発音は一度聞いただけでマスターできるものではありません。一つの「音」を正しく聞き取り・発音できるようになるには、ロジック(音の出し方)を理解した上で発音練習に繰り返し取り組む必要があります。

また、やっかいなことに、一度身についたとしても長い間練習しないでいると発音の精度は下がります。これは、口の筋肉は使わないでいると正しく音を発音するための調整方法を忘れてしまうからです。子供の頃にスイスイ乗っていた自転車や一輪車に、大人になって乗ろうとすると乗り方を忘れてしまっている現象とよく似ています。

そのため、すでに発音や語彙、文法などといった基礎知識を習得した中上級者〜上級者であっても、十分な勉強・練習時間を確保できていなければ、英会話が上達することはありません。

英会話を上達させる勉強法

英語が上達した女性

ここまで、英会話が上達しない原因を5つに分けて紹介しました。ご自身の英会話の上達を妨げている原因を特定できましたか?そこで次に、これらの原因別に英会話を上達させるための勉強法をお伝えしていきます。

発音の「土台」が身についていない人向けの勉強法

まず、発音の「土台」が身についていない方向けの勉強法を紹介します。

英語の母音・子音を学ぶ

英語には、日本語よりも圧倒的に多い「音」が存在します。日本語が約70個の音(子音+母音のモーラ)を有しているのに対して、英語には約600個もの音があります。

そのため、私たち日本人は英語の母音・子音を学ばなければ、英語を正しく聞き取ることも発音することもできません。まずは、英語の母音・子音の発音記号やロジック(音の出し方)を学び、認識できる音の数を増やすことが重要です。

何から手をつけたら良いかわからないという方は、母音・子音を徹底的に学んで、英会話の「土台」を完成させましょう。

音声変化を学ぶ

「音声変化」も英語の発音をマスターするのに欠かせない要素の一つです。

ナチュラルスピードの英語の音声を聞いた際、「本来の発音と変わっているように聞こえる」とか「音が変化しているように聞こえる」などと感じた経験はありませんか?実は、英語はナチュラルスピードで話されると、「音声変化」が起こります。具体的には、2つの音がつながって発音されたり特定の音が省略されたりするなどの変化が起こっています。

そのため、英会話におけるリスニング力と発音を上達させるためには、「音声変化」を理解することが極めて重要です。母音・子音の発音をマスターしたら、次は音声変化を学ぶことをおすすめします。

発音練習をする

母音や子音、音声変化などの基礎知識を身につけたら、次に「発音練習」に取り組みましょう。

発音練習に取り組むと、これまで聞き取り・言い分けができなかった音の出し方がわかるようになるため、まずリスニング力が急激に上達します。発音練習に繰り返し取り組めば、そのうちスピーキング力も身につきます。

発音練習はスピーキング学習の一環として捉えられることが多いですが、実際にはリスニングやスピーキングを上達させるための「基礎トレーニング」に該当します。英語の発音に不安が残る方は、基礎作りとして発音練習に取り組みましょう。

アウトプットの量が不足している人向けの勉強法

次に、アウトプット量が不足している方向けの勉強法を紹介します。

ライティング練習をする

アウトプットの量を確保する方法の一つに、英作文や日記のライティングに取り組むことがあります。

スピーキングとライティングは一見かけ離れているように思えますが、実は「頭の中にあるイメージを文章化する」「頭の中の知識をアウトプットする」という点においてよく似ています。ライティングは、スピーキングと比較して時間的な余裕があることから、頭の中にある知識をフル活用してアウトプットをする練習に最適です。

また、ライティングを通してアウトプットの練習をすることで、自分が能動的に使える語彙やフレーズの数も効果的に増やすことができます。

オンライン英会話を活用する

日本で生活していると、なかなか英語を話す機会がありません。アウトプット量を確保することに苦戦しているのであれば、オンライン英会話サービスの利用がおすすめです。

オンライン英会話サービスを活用すれば、自宅に居ながら手軽に英会話レッスンを受講できます。インプット学習で身につけた知識を、アウトプットして定着させるためにも、オンライン英会話レッスンの受講は効果的です。

英語をアウトプットする機会がないと悩んでいる方は、オンライン英会話サービスを活用してみてください。

インプットの量が不足している人向けの勉強法

続いて、インプットの量が不足している方向けの勉強法を紹介しましょう。

英単語の知識を増やす

「いつも同じ単語・表現ばかり使ってしまう」「自分の発言がワンパターン化している」という方は、語彙を増やしましょう。アウトプット学習が効果を発揮するためには、まず知識をインプットする必要があります。

ただし、このインプット学習の目的は、「使える語彙を増やし表現の幅を広げること」です。受験勉強のように、英単語と日本語訳を対で丸暗記するだけでは意味がないので注意しましょう。日本語を介さず英単語を理解したり使ったりできるように、イメージと英単語を結びつけるようにして覚えることがポイントです。

字幕なしで海外ドラマを視聴する

ネイティブがよく使うフレーズや表現をインプットするには、字幕なしで海外ドラマを見ることが効果的です。

海外ドラマには、セリフ量が多く、日常会話で使う実践的なフレーズが多く登場します。日本語字幕や英語字幕に頼らずに海外ドラマを視聴すると、英語のフレーズや表現をドラマのシーンや内容と紐付けて覚えられます。

字幕なしだと難しいと感じる方は、同じドラマを何度も繰り返し見ると良いでしょう。字幕を表示してしまうと、「自分の耳で聞き取ろう」という意識が薄れてしまい、学習効果が低下してしまうため注意が必要です。

誤った勉強法に取り組んでいる人向けの勉強法

続いて、誤った勉強法に取り組んでいる方向けの勉強法を紹介します。ここでは、「シャドーイング」と「聞き流し」に代わる効果的な勉強法を見ていきましょう。

シャドーイング→音読

シャドーイングとは、お手本の音声に自分の声をかぶせるように英語を読む練習のことです。

シャドーイングでは、スクリプトをお手本音声のスピードで読み上げることばかりに注意がいってしまい、肝心な「聞き取り」と「意味取り」の練習がおざなりになってしまいがちです。さらには、発音の知識が身についていない状態でシャドーイングをしてしまうと、間違った発音が身についてしまうというデメリットもあります。

シャドーイングをしたいのであれば、代わりに「音読」に取り組むことをおすすめします。お手本の音声をしっかりと聞いてから自分で声に出して読むことで、発音や意味に注力したリスニング・スピーキング練習ができたりします。

聞き流し→多聴

まったく理解できない英語をどれだけ聞き流しても、リスニングが上達することはありません。これは、予備知識もなしにお経を聞き続けても、理解できるようにはならないのと同じです。

聞き流しの代わりにおすすめな学習法は、「多聴」です。

多聴は、集中して英語の音声を聞くという点において聞き流しと異なります。わからない単語が出てきても音声を停止する必要はないものの、8割以上理解できる音声をたくさん聞くことで、リスニング力の向上が期待できます。

自分の英語力に見合った音声を選び、しっかりと集中して聞くことを意識しましょう。

十分な勉強時間を確保できていない人向けの勉強法

続いて、十分な勉強時間を確保できていない方向けのおすすめ勉強法をお伝えします。

アプリを使って英語学習をする

英語学習にまとまった時間を確保できないという方には、英語学習アプリの活用がおすすめです。

英語学習アプリを活用すれば、スマホ一つでいつでもどこでも手軽に英会話の勉強ができます。通勤時間や寝る前の5分などといったスキマ時間を有効活用できるため、仕事で忙しい方でも無理なく学習時間を確保することが可能です。

英語試験を受ける

英語学習へのモチベーションの低下が原因で十分な学習時間を確保できていないのなら、定期的に英語試験を受験することをおすすめします。

英会話が上達していたとしても、自分一人では気づけないことが珍しくありません。この状況で、「英会話が上達しない」と認識してしまうとモチベーションが低下し、英語学習を継続することが難しくなってしまいます。

自分の英会話の上達を実感し、モチベーションを高く保つために、TOEICやTOEFLなどの英語試験を受験することは効果的です。健康診断を定期的に受けるべきであるように、英語試験で自分の英会話力を低域的にチェックすることはとても重要です。

英会話を上達させるために押さえておきたいポイント

英会話を上達させるポイント

最後に、英会話を上達させるために押さえておきたいポイントを紹介します。

英語学習アプリを積極的に活用する

英会話の勉強には、アプリの活用が便利です。アプリを活用すれば、スキマ時間にサクッと学習に取り組めることはもちろん、あらゆる便利機能が充実しているので、学習をより効果的に進められます。

ここでは、「どのアプリを使ったら良いの?」と迷っている方に向けて、おすすめのスピーキング練習アプリを紹介しましょう。

おすすめアプリ:プロンテストシリーズ 発音特訓パック

プロンテスト 発音特訓パック

『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』は、当社プロンテストが提供するスピーキング練習アプリです。本アプリでは、日常会話フレーズを使った会話練習を通して「通じる発音」の習得を目指します。

 

先ほどもお伝えしたように、発音は英会話上達に欠かせない要素の一つです。発音を効率的に身につけて、英会話を上達させたいという方には、本アプリの活用をおすすめします。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,200円(税込)
  • 3ヶ月プラン:月額1,870円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,320円(税込)

公式サイト

インプットとアウトプットのサイクルを回す

英会話を上達させるためには、新たな知識をインプットし、アウトプット学習を通して知識を定着させるというサイクルが重要です。学習がインプットに偏ってしまえば、知識が定着しないことはもちろん、インプットした知識を使えるようにはなりません。その一方で、アウトプットばかりしていては語彙や文法などの知識量が不足してしまうでしょう。

英会話を効果的に上達させるために、インプットとアウトプットをバランス良く確保すること、そして学習のサイクルを回すことを意識しましょう。

「反復練習」を意識する

英会話は、「反復練習」の積み重ねで上達するものです。どんなに効果的な学習でも、反復して取り組まなければ、効果は得られません。

例えば、英単語を覚えたり発音練習で音の出し方を学んだりしても、反復練習を怠れば単語の意味や使い方、正しい音の出し方を忘れてしまいます。「英会話は一朝一夕で身につくものではない」ということを念頭に置き、反復練習に励みましょう。

まとめ

今回は、英会話が上達しない原因と、原因別のおすすめ勉強方法について紹介しました。英会話の上達を妨げている要因を知り、それに沿った学習法を新たに取り入れることで、英会話を上達させることができるでしょう。

中でも、「これまで発音の勉強をしてこなかった」という方は、発音の基礎知識を学び、発音練習に取り組むことで、劇的にリスニング・スピーキングを上達させることができます。これを機に、英語の発音勉強・練習を取り入れてみてはいかがでしょうか?

当社プロンテストでは、英会話の主要な要素である「発音」を楽しく習得するためのアプリケーションおよびサポートを提供しています。「発音練習で基礎を固め、英会話を上達させたい」「プロンテストシリーズのアプリを試してみたい」という方は、当社プロンテストまでお気軽に問い合わせください。

関連記事

ブログ・更新情報

メニュー