英語のおすすめ学習方法は?本当に効果がある勉強の仕方とは

folder_open語学学習の基本
英語のおすすめ学習方法

「英語を喋れるようになりたい」と思いつつも、勉強の仕方がわからず英語学習のスタートを切れずにいませんか?世の中には、英語学習方法に関する情報が溢れているので、結局どのやって英語を学べば良いのかわからなくなってしまうかもしれません。

そこで今回は、英語の学習方法がわからない方に向けて、本当に効果がある英語学習方法と、今日から使えるおすすめの英語アプリを紹介します。

英語学習を始める前に知っておきたい4つのポイント

英語学習を始める前に知っておきたいポイント

まず、英語力を効果的に伸ばすためのポイントや心構えを紹介します。今よりちょっとだけ意識や行動を変えるだけでも、英語力は伸びやすくなります。

まずは、「発音練習」で英語力の土台を作ろう

英語学習においては、「基礎」→「インプット」→「アウトプット」と体系的に学習を進めることがとても大切です。この点において、英語学習は楽器やスポーツとよく似ています。

そして、英語学習の「基礎」にあたるのが「発音練習」です。日本の英語教育において「発音」は後回しにされがちな分野ですが、効果的に英語力を伸ばしたいのであれば、基礎トレーニングとして発音練習に取り組むことが欠かせません。

「発音練習=リスニング学習やスピーキング学習をする前の基礎トレーニング」と考えるとわかりやすいでしょう。英語初心者のうちに、発音練習で「土台」を作っておくことで、これから取り組む英語学習をよりラクに、そして効果的に進められるようになります。

「何から手をつけたら良いのかわからない……」というのは、大人の英語学習者によくありがちな悩みです。そこで、「まずは発音練習で土台を作るべき」と頭に入れ、英語学習のスタートを切りましょう。

英語学習を習慣化しよう

“Rome was not built in a day.(ローマは一日にして成らず。)”とあるように、英語学習においては習慣化がとても重要です。どんなに効果のある学習法でも、継続できなければ英語力を高めることはできません。

具体的な学習方法については後述していますが、たとえば「毎日海外ドラマを1話見る」「毎日英語アプリに30分取り組む」などハードルを低く設定すれば、無理なく習慣化できそうですよね。もちろん、これだけでは英語を話せるようにはなりませんが、まずは何より続けることが大切です。

途中で挫折したり、「今日はやる気がないから……」とサボり癖がついたりすることがないように、初心者のうちはまず英語学習を習慣化することに力を注ぎましょう。

インプットとアウトプットのバランスが大切

これは英語学習に限ったことではありませんが、何か習得するためには「インプット」と「アウトプット」のバランスが重要です。

たとえば、インプットばかりしていると、知識量は増えても実際に知識を使えるようにはなりません。知識は実践されないと意味がないものです。また、アウトプットばかりしていても、そもそも使える知識が不足しているので語彙や文法をうまく使えません。

つまり、英語学習で学んだ知識をしっかりと定着させ、実践的な英語力を身につけるためには、インプットとアウトプットをバランスよく行う必要があります。

ただし、初期段階では、アウトプット練習をするのに必要な知識を身につける必要があるため、インプットにできるだけ重点を置きましょう。レベルの向上に応じて、徐々にアウトプット量を増やしていくのが理想です。

英語を学ぶ目的・ゴールを明確にしよう

英語を学び始めるにあたっては、「なぜ英語を学びたいのか」「英語を学んでどのレベルに到達したいのか」を明確にしておきましょう。なぜなら、目的やゴールが曖昧のままだと、自分にとって最適な英語学習方法やアプリを見分けることができないだけでなく、途中で挫折しやすくなってしまうからです。

目標やゴールに向かって最後までやり抜くためにも、初期の段階で英語を学ぶ目的とゴールを明確にしておきましょう。

効果なし!NGな英語学習方法

NGな英語学習方法

英語学習方法の中には、効果が薄いものや悪影響を及ぼすものも存在します。ここでは、避けるべきNGな英語学習方法を2つ紹介しましょう。

NGな学習方法①:聞き流し

聞き流しとは、あまり集中せずに英語の音声を聞くリスニング学習法のことです。英語を英語のまま理解する力(=英語脳)を鍛える方法として推奨されている学習法の一つですが、初心者にはおすすめできません。

というのも、十分な英語の予備知識が備わっていない状態では、音声をひたすら聞いたところでそもそも「音」と「意味」を理解できないからです。何も知らない状態でお経を聞き続けても理解できるようにはならないのと同じで、まったく理解できない英語の音声をひたすら聞き流しても意味がありません。

NGな学習方法②:シャドーイング

シャドーイングも、初心者におすすめできない英語学習法の一つです。シャドーイングとは、耳にした英語の音声を影のように追いかけて声に出すトレーニングのことです。

「リスニング学習やスピーキング学習に効果的!」と言われることもありますが、実は音声を追いかけることばかりに夢中になってしまい、肝心の「音」と「意味」の理解ができなくなってしまうことから、おすすめできません。さらには、自分の悪い発音のクセがさらに定着してしまうなど、悪影響を与える危険性も有しています。

英語のリスニング力を効果的に伸ばしたいのであれば、シャドーイングではなく、お手本の音声を「音」と「意味」に集中しながら精聴し、聞き終わった後で音読するという方法がおすすめです。

本当に効果がある英語の学習方法

本当に効果がある英語の学習方法

ここからは、本当に効果がある英語の学習方法を紹介していきます。

学習方法①:英語の発音を学ぶ

まず、英語学習は英語の発音を学ぶことから始めましょう。

上述したように、英語の発音練習は、英語学習において「基礎トレーニング」の役割を持っています。英語の発音を勉強することで、ネイティブスピーカーがどのように英語の音を作っているのかを理解できるようになります。

つまり、これまで聞き取れなかった音がどのように発音されているのかがわかるため、頭の中で「音」と「単語」がスムーズに紐付きます。これにより、英語のリスニング力が飛躍的に伸び、そのうちリーディングやスピーキングにも効果が現れるという仕組みです。

まずは、発音の基礎知識をインプット

では、具体的にどのようにして英語の発音を学習すれば良いのでしょうか?

まず、英語の「音」と「ロジック(=音の作り方)」を理解するため、発音記号を学びましょう。発音記号とは、英語の発音をわかりやすく示した記号のことです。発音記号のルールを学ぶことは、英語の音を正しく認識・発音するのに欠かせません。

たとえば、英語には日本語の「あ」に近い母音だけでも、[æ][ɑ][ə][ʌ]の4つの異なる音があります。発音記号を学べば、これらの音を異なる音として認識し、正しく発音できるようになるということですね。

また、発音記号以外にも覚えておきたい発音のルールはいくつも存在します。例を挙げれば、「音声変化」や「アクセント」「イントネーション」などです。まずは、これらの発音ルールを学び、リスニング・スピーキングの土台を作りましょう。

英語の発音ルールについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。

発音練習に取り組もう!

発音ルールを学んだら、次は発音練習に取り組みましょう。ここまでで学んだロジックを意識しながら、実際に調音器官(口・唇・舌)の使い方と音の作り方を練習します。

具体的には、次の手順に沿って発音練習に取り組みます。

  1. 練習したい音を含む英単語の発音を聞く
  2. 自分の発音を録音
  3. 発音練習
  4. 発音の判定、練習前の音声と聞き比べ

ここで紹介した発音練習の手順は、当社が提供するスピーキング練習アプリ『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』を使って取り組むのがおすすめです。発音判定機能がついているので、「自分一人では難しそう……」と感じている方でも迷わず最短で正しい発音を習得できますよ。アプリの詳細は、次章で紹介しています。

学習方法②:語彙・文法の知識を増やす

続いて、語彙と文法の知識を強化しましょう。英語の知識を新たにインプットする際のポイントは、「日本語訳に頼らず、英語のままイメージと紐付けて覚えること」です。

みなさんが中学生や高校生だった頃は、英単語を日本語訳とセットで覚えていたと思います。また、英文法を学ぶ際も、日本語訳のついた例文を参考にインプットしていましたよね。

しかし、このような日本語訳に頼ったインプット学習はおすすめできません。なぜなら、日本語訳を介して覚えてしまうと、英語を聞いたり話したりする際に、「単語のイメージ」→「日本語」→「英語」と3段階を踏むことになってしまうからです。

反対に、英単語をイメージのまま、日本語訳を見ずに覚えておけば耳にした英語をそのままイメージに紐付けて理解することができます。語彙や文法の知識をインプットする際は、日本語を介さずイメージと紐付けるようにして覚えましょう。

学習方法③:ネイティブの英語を聞いて音読する

先ほど、NGな英語学習方法としてシャドーイングを紹介しました。「では、どうやってリスニングを勉強すればいいの?」という方におすすめなのが、「ネイティブスピーカーのお手本音声を聞いてから、自分で声に出して練習する」という学習方法です。

この方法であれば、ネイティブスピーカーのお手本の音声をしっかり集中して聞くことができるため、シャドーイングのように「音」を聞き取れなかったり英文の「意味」を理解できなかったりする心配もありません。

自分の英語レベルに合った英語の音声を用意して、まずはリスニングしてみましょう。前に学習した発音記号や発音のルールを意識して一つひとつの音を丁寧に聞き取ることが大切です。

そして、リスニングに取り組んだ後は、実際に声に出して英文を読んでみましょう。お手本の音声を真似するように、“英語らしく”音読できるように何度も練習を繰り返しましょう。

学習方法④:海外ドラマを視聴する

おすすめの英語学習方法の4つ目は、海外ドラマを使った方法です。海外ドラマ=娯楽というイメージが強いかもしれませんが、海外ドラマは状況やイメージをそのまま英語の「音」として覚える練習にもってこいです。

先ほどお伝えしたように、英語の語彙を効果的に増やすには、英単語やフレーズ、文法をイメージと結びつけて覚えることが大切です。海外ドラマを活用すれば、セリフやストーリーを通して効果的に語彙を増やせます。

また、海外ドラマは映画と比較しても、アクションシーンが少なく、セリフの量が多い傾向にあります。つまり、リスニングする英語の量も自然と多くなるため、英語のリスニング学習に最適なのです。

海外ドラマを使って英語を勉強する際のポイントとしては、字幕に頼らないことです。日本語字幕や英語字幕をオンにしてしまうと、英語を文字で理解するクセがついてしまうので注意しましょう。

英語学習に役立つおすすめアプリ

次に、独学での英語学習に役立つおすすめの英語学習アプリを紹介していきます。

発音練習におすすめのアプリ

まず、発音練習ができるおすすめの英語アプリを紹介します。

先ほどお伝えしたとおり、発音練習は英語学習の基礎トレーニングに該当します。ですので、まずは次のアプリを手に取って発音練習に取り組みましょう。

プロンテストシリーズ 発音特訓パック

プロンテストシリーズ 発音特訓パック

『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』は、通じる英語をラクに楽しく身につけたい方におすすめのスピーキング練習アプリです。今日から使える身近な題材を使った会話練習に取り組みながら、「発音判定機能」で正しい発音を身につけます。

なお、本アプリは英語学習経験がまだ少ない初心者向けとなっています。難しい文法はすべて省いているため、初心者でも無理なく自然と発音や語彙などの知識を鍛え上げることが可能です。

これから英語を学びはじめる方にぴったりのアプリです。まずはぜひ、公式ホームページより「無料お試し」をご利用ください。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,200円(税込)
  • 3ヶ月プラン:月額1,870円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,320円(税込)

公式サイト

プロンテストシリーズ プロンテスト・コール

プロンテスト・コール

『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』は、英語でより深い信頼関係を築きたい国際ビジネスマンにおすすめのスピーキング練習アプリです。会話練習に取り組みながら、「発音」と「文法」を同時に鍛えることができます。

本アプリを使って会話練習に取り組むことで、「英語を話しているつもりなのに、なかなか信頼してもらえない」「将来や過去のことになると話せない……」という中級者にありがちな壁を乗り越えられます。すこしでも気になった方は、ぜひ無料お試し版をご利用ください。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,750円(税込)
  • 3ヶ月プラン:月額2,337円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,650円(税込)

公式サイト

App Store

語彙・文法力強化に役立つアプリ

次に、語彙や文法力の強化に最適なおすすめアプリを紹介します。

Duolingo

Duolingo

『Duolingo』は、世界で最多ダウンロード数を誇る外国語学習アプリです。ゲーム感覚で楽しく英語の語彙や文法知識を学ぶことができます。

なお、リスニングやリーディング、スピーキングの学習効果が研究によって実証されており、楽しみつつもしっかりと効果を実感できます。予備知識がほとんどない状態でも使えるように設計されているので、超初心者でも無理なく英語学習を始めることが可能です。

無料プランでも十分に学習できるので、気になった方はぜひインストールしてみてください。

料金

  • 無料(※アプリ内課金あり)

公式サイト

LearnEnglish英文法

LearnEnglish 英文法

『LearnEnglish英文法』は、楽しい英語の文法アクティビティを収録したブリティッシュ・カウンシルの英語アプリです。1,000以上もの練習問題を通して、「過去・過去進行形」「不可疑問形」「未来完了形」など、あらゆる文法事項の理解を高めることができます。

なお、文法アクティビティは初級〜上級にレベル分けされているので、自分のレベルに合った練習問題から取り組めます。「そもそも自分にどのくらいの英文法力があるのかわからない……」という方は、アプリ内の無料テストで理解度をチェックするのもおすすめです。

料金

  • 無料(※アプリ内課金あり)

公式サイト

音読練習に役立つアプリ

続いて、音読練習に役立つおすすめアプリを紹介します。

LearnEnglish Podcasts

LearnEnglish Podcasts

『LearnEnglish Podcasts』は、ブリティッシュ・カウンシルの大人気ポッドキャストとオーディオスクリプト、アクティビティが収録されているアプリです。ホスト2人によるトーク形式で、楽しくイギリス英語をリスニングできます。

すべてのポッドキャストを無料で視聴できるのはもちろん、オーディオスクリプトを使えば音読練習にも効果的に取り組めます。また、毎週新たなエピソードが追加されるのも、嬉しいポイントです。

料金

  • 無料

公式サイト

BBC Learning English

BBC Learning English

『BBC Learning English』は、イギリス放送協会が提供する英語学習者向けのアプリです。ウェブサイトも有名ですが、スマホで手軽に使いたいのであればアプリ版がおすすめです。

本アプリでは、質の高いさまざまな英語学習コンテンツ・教材を無料で利用することができます。英文法や発音、語彙の学習はもちろん、記事や動画を通してイギリス英語に触れることも可能です。

「イギリス英語のお手本音声を活用して、音読練習をしたい」という方はぜひ活用しましょう。

料金

  • 無料

公式サイト

動画視聴に役立つアプリ

楽しく実践的な英語を学びたいなら、海外ドラマなどの動画コンテンツを視聴できるアプリも積極的に活用しましょう。

Netflix

Netflix

『Netflix』は、数々の映画やドラマ、TV番組を楽しめる動画配信サービスです。もう既に使っているという方も多いでしょう。そんなNetflixは、英語のリスニング学習に最適な海外ドラマのラインアップが充実しています。

さらに、ほとんどの作品には英語字幕がついているため、聞き取れなかったセリフがあれば簡単に確認することも可能です。「海外ドラマを使ってリスニング学習をしたい」という方は、ぜひNetflixを活用しましょう。

公式サイト

まとめ

今回は、効果的に英語を学ぶポイントと本当に効果がある英語学習方法、そしておすすめの英語アプリを紹介しました。

「英語の学習方法がわからない」「何から手をつければ良い?」などと悩んでいるのであれば、まず基礎トレーニングとして発音練習に取り組むところから始めましょう。初期段階でしっかりと土台を作っておくことで、その後の英語学習を効果的にかつラクに進められるようになります。

当社プロンテストは、英語のリスニング・スピーキングの土台となる「発音」を習得するためのアプリケーションを提供しています。発音練習に取り組みたい方は、ぜひ当社の『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』をご活用ください。

関連記事

メニュー