英語の発音を矯正する方法は?アプリとスクールはどちらが良い?

folder_open英語学習で発音練習をする理由
英語の発音を矯正

英語でスムーズにコミュニケーションを取るためには、間違った発音を矯正して「通じる発音」を身につけることが不可欠です。とはいえ、「そもそも発音の勉強方法を知らない」「どうやって発音を矯正したら良いかわからない」という方は少なくないでしょう。

そこで今回は、英語の発音を矯正するメリットや方法、効果的に発音矯正をするために活用したいアプリなどを紹介します。

英語の発音を矯正するメリット

英語の発音を矯正するメリット

まず、英語の発音矯正をするべきかどうか迷っている方に向けて、英語の発音を矯正するメリットを紹介します。

英語が通じるようになる

英語の発音を矯正するメリットの一つ目は、「通じる発音」が身につくことです。

みなさんは、「ネイティブに話しかけたけど、何度も聞き返された」「簡単なことを聞かれているのに、発音が不安で喋れない」などといった経験をしたことはありますか?英語を一生懸命勉強しているのに、「英語が通じない」という壁に直面している方は少なくないでしょう。

英語の発音を勉強していなかったり、英単語をカタカナの音で覚えていたりするようでは、「通じる発音」が身についているとはいえません。英語の発音知識を学び、これまでカタカナで覚えていた英語の発音を矯正することで、初めて「通じる発音」が身につきます。

ある程度の英語知識はあるのに英語が通じなくて悩んでいる方や、英語を話すと何度も聞き返されてしまう方は、発音矯正を通して「通じる発音」を身につけましょう。

自分の英語力に自信がつく

英語の発音を矯正するメリットの二つ目は、自分の英語力に自信を持てるようになることです。英語を話す度にネイティブに“sorry?”と聞き返されたり、自分の発音とネイティブの発音を比べて落ち込んだりしていては、自分の英語力に自信を持てず、せっかくの英語を話すチャンスをムダにしてしまいます。

しかし、英語の発音を矯正して「通じる発音」を身につけることができれば、ネイティブとスムーズにコミュニケーションが取れるようになり、自分の英語に自信を持てるようになります。また、自信がつくことで、より積極的に英語を話せるようになるので、英語を話す量が増え、スピーキング力も伸びやすくなります。

海外で通用する高い英語能力が身につく

海外で通用する高い英語能力が身につくことも、英語の発音矯正に取り組むメリットの一つです。

日本で英語を勉強していると、発音学習に注力して正しい発音を身につけることよりも、ボキャブラリーを増やしたり会話練習に取り組んだりすることの方が大切だと感じるかもしれません。しかし、海外で外国人に求められる「英語能力」というのは、日本人が考えるよりも「発音重視」です。

たとえば、ネイティブのようなきれいな英語を話すことができれば、海外で就ける職種は広がり、必然的に時給も高くなります。つまり、カタカナ英語のような間違った発音のままでは、海外で通用する高い英能力が身についているとはいえないのです。

海外移住や留学、外国で働くことなどを視野に入れて英語を勉強している方は特に、英語の発音を矯正し「通じる発音」を身につけておくことで得られるメリットは大きいでしょう。

リスニング力も向上する

発音矯正に取り組むことで、ただ発音が良くなるだけでなく、リスニング力も飛躍的に向上します。なぜなら、英語の発音を矯正するということは、英語の母音・子音を学び、それぞれの音が「どのように出されているのか」を理解するということだからです。

わかりやすくいえば、発音矯正に取り組むことで、英語の音がどのように出されているのかがわかり、日本語にはない英語特有の音を正しく認識できるようになるという仕組みです。

  • 正しく発音できる音=正しく聞き取れる音

たとえば、/l/と/r/の音をどちらも「ラ」と発音している人の場合、発音を言い分けられていないことに加えて、これら2つの子音の聞き分けすらできていない状態です。そこで、発音矯正に取り組み、「lice」の/l/と「rice」の/r/をそれぞれ異なる音として聞き分け・言い分けられるようになる必要があります。

そのため、発音矯正は、発音とスピーキング力を伸ばしたい人だけでなく、リスニング力を向上させたい人にも高い学習効果を発揮します。

英語の発音を矯正する方法

英語の発音を矯正する方法

続いて、英語の発音を矯正する具体的な方法を4つ紹介します。「どうやって発音を矯正したらいいの?」と悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ネイティブのお手本音声を聞き、音読する

英語の発音を矯正する方法の一つ目は、ネイティブのお手本音声を聞いた上で音読練習に取り組む方法です。そもそもの話、聞き取れない音を正しく発音すること、そして発音できない音を正しく聞き取ることは不可能です。

そのため、ネイティブのお手本音声を「音」に集中しながらじっくりリスニングし、「音」を意識して丁寧に音読することで、正しい発音を身につけることができます。ここでのポイントは、ただ音読をひたすら繰り返すのではなく、ネイティブスピーカーの口や唇、舌の使い方や発音を意識し、それに近づけるように音読練習に取り組むことです。

また、音読する際は、単語単位の発音はもちろん、リンキングにも注意して練習しましょう。たとえば、“I told you.”は、「アイ トールド ユー」と区切って読むよりも、「アイトージュー」とリンキングを意識して読む方が“英語らしい”発音に近づきます。

お手本音声をただ聞くだけでなく、音読練習を通して身をもって「音」の作り方を理解することにより、効果的に発音矯正をすることができます。

英会話スクールに通う

英語の発音を矯正する方法の二つ目は、発音矯正に特化した英会話スクールに通う方法です。発音矯正に特化したコースを提供していたり、発音矯正の指導経験が豊富な講師が多く在籍していたりするスクールに通うことで、効率的に発音を矯正していくことが可能です。

ただし、英会話スクールに通学して発音矯正する方法には、まとまった費用がかかる、通学が必要といったデメリットも存在します。また、英会話スクールでは、ネイティブ講師に1対1で発音指導をしてもらえるものの、音を聞いて真似するだけだったり、講師によって発音や指導方法にバラツキがあったり、発音の基準が曖昧だったりすることが珍しくありません。

さらには、日本で長いこと英語を指導している講師の場合、日本人の英語学習者にいくらか話者に忖度してしまうこともあります。英会話スクールで発音矯正をするメリット・デメリットについては、以下の章で詳しくお伝えしています。

発音判定・指導に特化したアプリを活用する

三つ目の発音矯正方法は、英語の発音判定・指導に特化した英語学習アプリを活用する方法です。発音矯正を独学で行うのは、ハードルが高いイメージがありますが、発音指導・矯正に特化したアプリを活用すれば、独学でも効率的に発音を矯正していくことが可能です。

アプリを使って発音矯正をする際は、「プロンテストエンジン」を搭載したアプリを選ぶことをおすすめします。なぜなら、英語の発音を分析する技術は、「音声認識エンジン」と「プロンテストエンジン」の2つに分かれており、英語の発音を正確に判定し、直し方まで詳しく指導できるのは「プロンテストエンジン」だからです。

当社プロンテストが開発したプロンテストエンジンを搭載したアプリは、英語の発音の分析・判定はもちろん、「どこをどう直せば良い」まで指導することができるため、発音の専門知識がない英語初心者でも効果的に間違った発音を矯正することができます。

発音検定試験を受ける

次に、英語の発音を矯正するにあたっては、「発音検定試験」を受けることも効果的です。というのも、実際に現時点で自分がどのくらい正しく英語を発音できているのかを知らないと、カタカナ英語を正しい発音だと思い込んでしまったり、間違った発音がさらに定着してしまったりする可能性があるからです。

発音矯正に取りかかるにあたって「何から手を付けたら良いのかわからない」という方は、まず発音検定試験を受け、現在の状態を知ることから始めてみましょう。そして、実際に発音矯正を行った後、ふたたび発音検定試験を受け、自分の発音の“英語らしさ”がどのくらいアップしたのかチェックしてみてください。

英語の発音を矯正する際のポイント・注意点

英語の発音を矯正する際のポイント・注意点

続いて、英語の発音を矯正するにあたって押さえておきたいポイント・注意点を紹介します。

「音声認識」で発音をチェックしない

英語を正しく発音できているかチェックするのに、「音声認識」を使うのは控えましょう。音声認識とは、人間の音声を文字化するために開発された技術のこと。iPhoneのSiriをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

iPhoneの言語設定を英語にして、“Hey Siri, what’s the weather today?”などと問いかけると、自分の英語を認識してくれます。「正しく聞き取ってもらえた!」と喜びたくなりますが、これだけでは正しく英語を発音できていることの証明にはなりません。

というのも、音声認識のAIは昨今では賢くなりすぎており、間違ったカタカナ英語でも問題なく認識できてしまうからです。つまり、音声認識を搭載した英語学習アプリでは、「正しく発音できているか」をチェックすることはできないので注意が必要です。

アプリで自分の発音を判定したいのであれば、英語の発音を判定・分析するために開発された「プロンテストエンジン」を使ったアプリを選びましょう。プロンテストエンジンを搭載したアプリについては、「英語の発音矯正におすすめのアプリ」の章で詳しく紹介しています。

シャドーイングをしない

発音矯正における注意点の二つ目は、シャドーイングをしないことです。シャドーイングとは、ネイティブのお手本音声を聞き、自分の声を「影」のようにかぶせるようにして声に出すトレーニング法のことです。

リスニングやスピーキングの練習法として一般的に用いられることが多いシャドーイングですが、発音矯正の一環として取り組むことはおすすめしません。その理由は、シャドーイングでは、お手本の音声を追いかけることばかりに注意が行ってしまい、肝心の「発音矯正」が二の次になってしまうからです。

お手本音声に続いて声に出すため、「正しく発音できている」という錯覚に陥ってしまったり、発音を矯正するどころか誤った発音が定着したりしまう危険さえ伴います。そのため、発音矯正としてシャドーイングに取り組むことはやめましょう。

ネイティブのお手本音声を参考に発音矯正をしたいのであれば、発音矯正方法の章でお伝えしたように、お手本の音声を丁寧にリスニングしてから、自分のペースで音読することをおすすめします。

英語の発音は独学でも矯正できる?

発音矯正というと、スクールに通って行うイメージがあるかもしれません。しかし、できるだけ費用を抑えて発音矯正したい方や、スクールに通う時間がない方からすると、独学でも発音矯正できるのかどうか気になるところですよね。

結論からお伝えすると、英語の発音を矯正するのに必ずしもスクールや英語講師の力が必要ということはありません。ただし、発音の矯正は、「正しい発音を学ぶこと」に加えて「間違った発音を直す」という作業が必要となるため、自分一人の力で完結させるのは容易ではありません。

というのも、独学では「そもそもどの発音が間違っているのか」「どこをどう直せばいいか」を把握するのが難しいからです。

そこでおすすめなのが、英語の発音矯正・練習に特化したアプリを活用する方法です。当社が提供する『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』のように、発音判定・指導に特化した英語学習アプリを活用すれば、独学でも効果的に発音を矯正することができます。

英語の発音を矯正するなら?アプリとスクールを比較

英語の発音を矯正する方法は、主に「アプリを使って独学する方法」と「英会話スクールに通う方法」の2つに大別されます。ここでは、それぞれの特徴を比較しメリット・デメリットについて考えます。

  アプリ 英会話スクール
料金 月額1,000〜3,000円 月額10,000円〜
練習時間 制限なし 40分〜60分/回
受講回数 制限なし 4〜5回/月
通学 不要 必要
特徴 ・人目を気にせずに発音矯正に取り組める ・回数や時間の制限なく活用できる ・費用を抑えられる ・強制力がある ・講師から1対1で指導してもらえる ・まとまった費用が必要

アプリを使って発音矯正をするメリットとしては、費用を抑えられることや時間・回数などの制限なく練習に取り組めること、アプリが練習相手なので人目を気にする必要がないことなどが挙げられます。

一方、英会話スクールで発音矯正するメリットは、ある程度の強制力があるのでレッスンをサボらず継続しやすいことや、講師にマンツーマンで指導してもらえることなどです。

アプリとスクールは、それぞれメリット・デメリットが異なるため、一概にどちらの方が良いとはいえませんが、次のような人には、アプリを活用した発音矯正をおすすめします。

  • できるだけ費用を抑えて発音矯正したい人
  • 回数を気にせず、たくさん発音練習に取り組みたい人
  • 発音矯正をするにあたって、人目が気になる人
  • ネイティブ講師を前にすると緊張してしまう人
  • 自分のペースで楽しく発音矯正に取り組みたい人

英語の発音矯正におすすめのアプリ

ここまでで、英語の発音矯正方法やアプリやスクールの特徴についてお伝えしました。ここでは、「アプリで発音矯正をしてみようかな?」と考えている方に向けて、当社プロンテストが提供する「発音判定・指導」に特化したアプリを2つ紹介します。

  • プロンテストシリーズ 発音特訓パック → 初心者向け
  • プロンテストシリーズ プロンテスト・コール → 留学生・国際ビジネスマン向け

それぞれのアプリについて、順に詳しく紹介していきます。

プロンテストシリーズ 発音特訓パック

プロンテスト 発音特訓パック

『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』は、日常英会話フレーズを使った会話練習に取り組みながら「通じる発音」を身につけられるスピーキング練習アプリです。英語音声の判定・矯正を目的に開発された「プロンテストエンジン」を搭載しているため、本アプリ一つで本格的な発音矯正が可能です。

プロンテストエンジンは、発音試験に匹敵するほどの高精度で発音を判定し、判定結果に沿った指導をすることができます。発音の評価はもちろんのこと、「どこをどう直せば良いのか」といった直し方までわかるため、初めて発音矯正に取り組む方でも無理なく学習を進めていただけます。

また、アプリに向かって英語を話すだけでいいので、人前で英語を話すことに抵抗がある方や、自分のペースでゆっくり発音を矯正していきたい方に最適のアプリとなっています。詳細や無料お試しにつきましては、こちらの公式サイトよりご確認ください。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,200円(税込)
  • 3ヶ月プラン:月額1,870円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,320円(税込)

公式サイト

Google-Play

プロンテストシリーズ プロンテスト・コール

『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』は、信頼を得られる英語を身につけることを目的とした当社プロンテストのスピーキング練習アプリです。会話練習で、発音からしっかり英語を練習することで、「相手と信頼関係を構築するための英語」の習得を目指します。

本アプリは、すべての英語の発音記号の発音練習をカバーしていることもあり、発音矯正に大いに役立ちます。発音矯正をある程度終えたら、気になる発音記号だけをピックアップして練習するといった使い方をすることも可能です。

英語の発音を徹底的に矯正した上で、正確で知的な英語を話せるようになりたいという方には、『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』がおすすめです。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,750円(税込)
  • 3ヶ月プラン:月額2,337円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,650円(税込)

公式サイト

まとめ

今回は、英語の発音矯正に取り組むメリットや具体的な矯正方法、独学での発音矯正に役立つおすすめアプリを紹介しました。

英語の発音矯正というと、「高いお金を払ってスクールに通い時間をかけて行うもの」というイメージがあるかもしれません。しかし、発音判定・指導に特化した自社の『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』を活用していただけば、独学でも効果的に発音を矯正し「通じる発音」を身につけることが可能です。 「アプリを使って独学で発音矯正をしてみたい!」とお考えの方は、当社プロンテストが提供するスピーキング練習アプリをぜひお試しください。

関連記事

メニュー