【2022】社会人の英語勉強法は?独学は可能?活用したいおすすめアプリ

folder_open発音練習に必要な基礎知識
社会人の英語の勉強法

英語を喋れるようになりたいけれど、「始めても継続できない」「勉強時間が確保できない」などと悩んでいませんか?また、中には「そもそも英語の勉強法がわからない……」という方も少なくないでしょう。

今回は、社会人にありがちな英語学習の悩みと、悩み別のおすすめ英語勉強法を紹介します。自分に合う方法で楽しく効率的に英語を勉強できるように、ぜひ参考にお読みください。

社会人にありがちな英語学習の悩み

社会人になって英語の勉強を始める方は多いですが、仕事やプライベートが忙しい社会人にとって「英語を習得すること」は決してラクなことではありません。

ビズメイツ株式会社が、英語学習経験のある社会人を対象に行った調査によると、社会人にありがちな英語学習の悩みとして下記のことが挙げられています。

  • 自分に最適な勉強法がわからない
  • 英語の勉強を継続できない
  • 英語の勉強に時間がとれない

参照元:英語学習の挫折に関する実態調査(PR TIMES)

これらの悩みについて、順に詳しくみていきましょう。

自分に合った英語の勉強法がわからない

社会人にありがちな英語学習の悩みの一つ目は、自分にとって最適な勉強法がわからないというものです。「英語を喋れるようになりたい」「英語を使って仕事がしたい」などと思っていても、何から始めれば良いか、どうやって英語を勉強したら良いかがわからず、挫折した経験がある方は少なくないでしょう。

この場合、ただ闇雲に英語の勉強を始めるのではなく、まず下準備として、英語を学ぶ正しい「順番」や効率的に学習を進める「基礎の作り方」などを学ぶことが大切です。

英語の勉強を継続できない

二つ目は、英語の勉強を始めても長く続かないという悩みです。実際に、ビズメイツ株式会社の調査では、約6割の社会人が「学習を継続すること」を英語学習の課題として挙げています。

英語の勉強が続かない原因は人それぞれですが、ほとんどの場合、「英語の勉強が楽しくない」「なんのために英語を勉強しているかわからなくなった」「頑張っても効果が見えにくい」などといったことが考えられます。

英語学習が続かないことで悩んでいるなら、まずは自分のこれまでの学習を振り返り、継続できない原因を突き止めるところから始めましょう。

英語の勉強に時間が取れない

英語学習に十分な時間を確保できないというのも、社会人にありがちな英語学習の悩みの一つです。英語学習が必要だとわかっていても、プライベートの時間を削って英語を勉強するのは容易なことではありませんよね。

詳しくは後述しますが、忙しくて学習時間を確保できない社会人は、スキマ時間を有効活用して、できる範囲で積極的に英語に触れることが大切です。毎日1時間といったまとまった時間がとれなくても、1日10〜30分の学習をコツコツ継続すれば、英語力を伸ばすことは十分に可能です。

社会人向けおすすめの英語勉強法

英語を勉強する社会人

続いて、上記で紹介した3つの悩み別に、社会人向けおすすめの英語勉強法を紹介します。3つの悩みに一つでも当てはまる方は、これから紹介する勉強法を参考にして悩みを解消しましょう。

英語の勉強法がわからない方向けの勉強法

まず、英語の勉強法がわからないという社会人の方向けの勉強法を紹介します。

英語勉強の正しい順番を学ぶ

英語を身につけるのには、最も効率的な順番があります。正しい順番に沿って、基礎から体系的に勉強を進めていくことが非常に大切です。

たとえば、基礎が全く身についていない状態で会話練習をしても、そもそも英語を聞き取ったり話したりするのに必要な発音や語彙、文法の知識がないので、練習が成り立ちません。順番が間違っていると、効率が悪くなるだけでなく、英語力の伸び悩みや挫折につながります。

英語を勉強する正しい順番は、「1:基礎」「2:インプット」「3:アウトプット」です。中でも、英語学習すべての基礎に該当する「発音」を最初に習得することがとても重要です。

発音が身についていないということは、英語の音を正しく聞き取れない/発音できないということですので、インプットやアウトプットの学習に取り組んでも英語力を伸ばすことはできません。

英語を学ぶ正しい順番について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

また、以下ではこの正しい順番に沿った英語勉強法について、「発音」「インプット」「アウトプット」に分けて具体的に解説していきます。

発音練習で「土台」を作る

社会人が英語学習でまず取り掛かるべきことは、発音練習による土台作りです。「発音=土台」と聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんが、発音というのは英語学習の土台になるとても重要な部分です。

英語の発音記号やルールといった基礎を学び、発音練習を通して音の作り方を身につけることにより、英語の音を正しく聞き取れるようになる、英語が相手に正しく伝わるようになるというメリットがあります。

また、最初から正しい発音で英単語やフレーズを覚えられるようになり、後から発音を矯正する手間もかからないため、学習効率と成長スピードが飛躍的に向上します。

インプット学習で英語脳を鍛える

発音の基礎が身についたら、次は英単語や英文法の知識を強化していきましょう。英単語や英文法の知識は、日本語訳のついた単語帳で機械的に暗記するのではなく、英語の音声や文章などを使って、その単語や文法が持つイメージと結びつけながらインプットしていくことがポイントです。

また、英語ニュースや記事などを積極的に日々の学習に取り入れて、英語を英語のまま理解する「英語脳」を鍛えましょう。英語を日本語に訳さずに理解できるようになると、英語の理解力と理解スピードが飛躍的に向上します。

習慣的にアウトプットをする

次は、インプットした知識を使って、アウトプット学習に取り組みます。実際に英語を書いたり話したりする練習を通して、英単語や文法を知っている状態から「使えるレベル」を目指しましょう。

英語を独学していると、アウトプット量が不足してしまいがちです。スピーキング練習アプリを利用する、英語が得意な友人と英語でチャットをする、オンライン英会話を利用するなど、自分が無理なく続けられる方法で、習慣的に英語をアウトプットすることを徹底しましょう。

英語の勉強を継続できない方向けの勉強法

続いて、英語の勉強を継続できずにお悩みの社会人に向けて、おすすめの勉強法を紹介します。

自分の目的・興味に合う勉強法を取り入れる

英語学習が楽しくなくて続かないのは、勉強法が自分に合っていないことが原因かもしれません。英語学習を継続するには、まず自分が楽しんで勉強に取り組める環境を整えることが大事です。

たとえば、海外ドラマが好きなら、海外ドラマを字幕なしで理解できるまで繰り返し視聴したり、海外ドラマについての感想を英語で書いたりするなど、英語学習へのアプローチを工夫しましょう。

また、仕事で英語を使うことが目的なら、自分の職種や仕事内容に関係する動画やポッドキャストを視聴したり、実践的なビジネス英語フレーズを使った会話練習に取り組んだりしましょう。

自分の学習目的や興味に合う勉強法を取り入れることにより、「何のために英語を勉強しているのか」を見失うことなく、楽しく英語学習を継続できるようになります。

定期的に英語試験を受ける

英語学習に対するモチベーションがなかなか続かないなら、定期的に英語試験を受験することをおすすめします。その理由は、大きく分けて2つあります。

一つは、定期的に自分の実力をチェックすることで、日々の学習の成果や自分の成長を可視化できるからです。英語を独学していると、上達を実感できなかったり、日々の勉強が意味のないことのように感じたりすることが少なくありません。しかし、自分の実力を「スコア」という形で可視化すれば、そのような不安を払拭することができます。

もう一つは、「1ヶ月後のTOEICで800点を取る」とか「半年後の英検で準1級に合格する」などといった具体的な目標があると、英語学習に対するモチベーションを高く保ちやすくなるからです。「いつもモチベーションが続かないことが原因で挫折してしまう」という方は、定期的に英語試験を受けるようにするといいでしょう。

日常的に英語を話す機会を作る

普段なかなか英語を使う機会がないと、「なんのために英語を学習しているのか」が曖昧になり、学習の必要性を感じにくくなってしまいます。当然ながら、必要性を感じられなければ、モチベーションは下がる一方で、英語学習の継続は困難になります。

この課題を解決するには、日常的に英語を話す機会を作ることが大切です。英語を話す機会を増やすには、英会話教室やオンライン英会話、英会話練習アプリを利用すると良いでしょう。

中でも、英会話練習アプリは、通学やレッスンの事前予約が不要で、いつでもどこでも自分のスケジュールに合わせて気軽に英語を話す練習ができるので、忙しい社会人におすすめです。

たとえば、当社プロンテストが提供するスピーキング練習アプリを使えば、自分一人で何度でも反復して英語を話す練習に取り組むことができます。プロンテストシリーズのアプリについては、記事の後半で詳しくお伝えしています。

英語の勉強に時間がとれない方向けの勉強法

スマホで英語の勉強をする女性

次に、多忙な社会人に向けて、限られた時間の中で英語力を伸ばすための勉強法を紹介します。

スキマ時間を有効活用する

仕事が忙しくてまとまった学習時間を作れないなら、通勤時間や待ち時間、休憩時間などのスキマ時間を有効活用しましょう。好きな洋書を持ち歩いて少しずつ読み進めたり、英語ニュースやポッドキャスト番組を聞いたりするなど、場所を選ばずにできる勉強は意外とたくさんあります。

スキマ時間を英語の勉強に充てることを習慣化してしまえば、「仕事が忙しいから」とか「時間がないから……」などと勉強を先延ばしにすることなく、コツコツと英語力を伸ばせるようになります。

アプリを使って効率良く学ぶ

スキマ時間を有効活用した勉強法の一つに、英語アプリを活用する方法があります。英語アプリは、スマホさえあれば場所や時間を選ばずに勉強できるので、スキマ時間で効率良く英語を学びたい社会人にピッタリです。

たとえば、「英会話を習いたいけど、スクールに通う時間がない」という方の場合、会話練習やスピーキング練習に特化したアプリを使えば、自宅や職場で時間がある時にサクッと英会話の練習に取り組むことができます。

社会人の英語勉強にはアプリがおすすめ!自分に合うアプリの選び方

まとまった学習時間を確保するのが難しく、なかなか英語の勉強を始められない・継続できない社会人には、アプリを使った勉強がおすすめです。

しかし、一口に「英語アプリ」と言っても、たくさんの種類があるのでどれを活用すべきか迷ってしまうと思います。そこで、社会人が自分に合うアプリを選ぶときのポイントを3つ紹介します。

自分の目的・興味に合わせて学べるか

一つ目のポイントは、自分の学習目的や興味・関心に合った英語学習ができるかどうかです。どんなに人気のアプリでも、ここがズレていると継続できず、学習の成果をあげることはできません。

たとえば、ビジネスの場で活かせる英会話力を身につけることが目的なら、ビジネス英語表現を学べる単語アプリや、ビジネスシーンを想定した会話練習ができるスピーキングアプリ、仕事におけるやり取りを収録したリスニングアプリなどを選びたいところです。

もし海外旅行で使える程度の英会話力を習得することが目的なら、日常会話に特化したアプリを選ぶことが理想です。

また、自分が「もっと読みたい・聞きたい」「もっと練習したい」などと楽しく自発的に学習に取り組めるように、興味・関心がある分野のコンテンツを多く収録しているかどうかも確認しておきましょう。

無理なく継続できる料金・内容か

多くの社会人にとって、英語学習の継続は大きな課題です。

継続のハードルを少しでも下げるためには、自分が無理なく払い続けられる料金、および無理なく学び続けられそうな内容のアプリを選ぶことが大切です。料金や学べる内容、おもしろさ、使い勝手の良さなどは、アプリごとの差が大きい部分ですので、自分が無理せずに継続できそうなアプリを選びましょう。

スキマ時間で学べるか

アプリを選ぶ際は、場所や時間を選ばず、スキマ時間で学びやすいように設計されているかどうかも確認しておきましょう。

スキマ時間を有効活用して英語学習を進めていくなら、1回のレッスンが短時間で完結するアプリや、好きなときに好きなだけ単語を覚えたり音声を聞いたりできるアプリなど、スキマ時間で手軽に使えるアプリが理想的です。

社会人におすすめの英語勉強アプリ

「勉強法がわからない」「継続できない」「時間がない」とお悩みの社会人におすすめの英語勉強アプリを厳選して4つ紹介します。

プロンテストシリーズ 発音特訓パック

プロンテストシリーズ 発音特訓パック

『プロンテストシリーズ 発音特訓パック』は、日常会話でスグに使える便利フレーズを用いて会話練習に取り組めるスピーキング練習アプリです。

このアプリの最大の特長は、自分の発音に対して「どこをどのように直せば良いのか」を具体的にアドバイスできる発音判定機能を搭載しているところです。

通常、自分一人でのスピーキング練習でネイティブに通じる正しい発音を身につけるのは困難ですが、音声学をもとに発音指導ができるこのアプリがあれば、独学でも確実に正確な発音を習得することができます。

なお、アプリは定額料金でいつでも使い放題となっていますので、多忙な社会人でもスケジュールに合わせて十分な練習量を確保できます。少しでも気になった方は、まずは公式サイトから無料お試し版をチェックしてみてください。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,200円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,320円(税込)
  • 12ヶ月プラン:月額880円(税込)

公式サイト

App Store

プロンテストシリーズ プロンテスト・コール

プロンテスト・コール

『プロンテストシリーズ プロンテスト・コール』は、反復的な会話練習を通して「発音」と「文法」が自然と身につくように設計されたカリキュラムが特徴のアプリです。

自分や家族の過去・将来のことについて話す練習をしながら、相手の信頼を得るための正確で知的な英語力を身につけることができます。このアプリは、ある程度の英語力はあるものの、発音やスピーキングに自信がイマイチ持てない方や、英語を話しても今ひとつ信頼してもらえないとお悩みの中級者におすすめです。

料金プラン

  • 1ヶ月プラン:月額2,750円(税込)
  • 6ヶ月プラン:月額1,650円(税込)
  • 12ヶ月プラン:月額1,100円(税込)

公式サイト

Duolingo

Duolingo

「Duolingo」は、世界中で最もインストールされている外国語学習アプリです。英単語や文法、発音といった基礎学習から、リスニングやスピーキング、英会話といった実践的な学習まで幅広く対応しています。

アプリ一つで気軽に英語を学べるので、忙しい社会人でもスキマ時間を有効活用して少しずつでも着実に力を付けていくことができます。また、ゲーム感覚で手軽に知識をインプット・アウトプットできるのもDuolingoの魅力の一つです。

料金

  • 無料(※アプリ内課金あり)

 式サイト

LearnEnglish Podcasts

『LearnEnglish Podcasts』は、ブリティッシュ・カウンシルが英語学習者向けに無料で提供しているリスニングアプリです。

数多くのポッドキャスト番組が配信されており、音声を聞くことはもちろん、文字起こしスクリプトを確認したり、各エピソードの理解度をチェックするテストに取り組んだりと、スキマ時間で本格的なリスニング学習に取り組めます。

エピソードをダウンロードしておけば、オフラインで聞くことができるので、出先でのモバイルデータ通信量を抑えたい方でも安心して使えます。

料金

  • 無料

公式サイト

まとめ

英語学習でお悩みの社会人の方に向けて、お悩み別のおすすめ英語勉強法とアプリを紹介しました。

「英語学習がなかなかうまくいかない……」とお悩みなら、まずは自分の課題や悩み、学習が続かない原因などを突き止めるところから始めましょう。自分の課題が明確になると、自然と今やるべきことも見えてきます。

また、英語を学ぶ際は、まずは発音練習で土台をしっかり作ることから取り掛かると効率良く英語力を伸ばすことができます。「発音ってどうやって勉強すればいいの?」「英語を話す機会がない……」という社会人には、当社プロンテストのスピーキング練習アプリがおすすめです。

発音特訓パック』『プロンテスト・コール』を使って、楽しく効率的に「使える英語」を発音からマスターしましょう。

関連記事

ブログ・更新情報

メニュー